【仕事術】口約束を守れない人は信用されないし、信用できない件

5ecce1503a57a88c3f956881a5161a25_s

約束を守るというのは、人として大切、かつ当然のことですが、それを徹底するのはなかなか難しいものです。大切な、重要な約束はもちろんですが、軽くしてしまった口約束こそ、守れないと人からの信用を無くすということを肝に命じておく必要があります。

スポンサーリンク
アドセンス大

口約束を守れない人は信用できない

口約束というのは、何かというと

くち‐やくそく【口約束】

[名](スル)証文などによらない、言葉のうえでの約束。口約(こうやく)。
参照:コトバンク
というもの。
契約書や念書を書くような大げさなものではなく、言葉で取り付けた約束のことですね。
気軽なものですが、「約束は約束」です。
当然、約束したからには守るべき義務と責任があるでしょう。
しかし、こういう約束は総じて、守られない場合が多々あります。
かるーく「じゃあ、そういうことで」と口約束したことが、一向に実行されず、いつの間にか忘れられ、風化し「なかったこと」になる。
こういう口約束は、破った側はまったく覚えていないものですが、破られた側はいつまでたっても覚えているものです。
口約束が守られず、忘れられたまま、またその人に会ったときの「なんだかなあ感」ともやもやは、表現しがたいものがあります。
破った当の本人はそんなこと覚えていないのですから、あっさりしたもの。
どうして、被害をこうむっているこちらがこんなに思い悩まなければならんのだ!と理不尽な世の中に一言モノ申したい気分になります。

どんな小さな約束でも忘れず、実行することが重要

例えば、「あの資料を念のためメールで送っておいて下さい」と言われ、「ああ、わかったよ」と口約束を交わします。

その約束を忘れてしまったからといって、相手はそれほど困らないかも知れません。

念のためですからね。

まあ、あってもなくてもいいけど「念のため」ですから、なくても「まあいいか」で終わるかも知れません。

ですが、こういった「口約束忘れ」は、無意識のうちに続けているときっと癖になります。

一つ忘れ、二つ忘れ、そのうちみんな忘れて放り出すようになります。

人間の「習慣と癖」というのは、そういうものです。

大事な契約も、小さな口約束も「同じ約束」であることは変わりありません。

些細な事であるからこそ、しっかりと「守り、実行する」ことで、小さな信頼が積み重なり、良好な人間関係を作るのです。

実は僕も、まだ実行できていない口約束があります。

もちろん忘れてはいません。しっかり、「タスクノート」=やるべきことリストに記載してあるのですが、

どうにもこうにもスケジュールの余裕がなく、まだ守れていないのです。

そういう訳で、明日はその「口約束」を果たしに行ってきたいと思います。

人に「信頼される」ことは一つの財産です。

そのためには、きちんと口約束を守ること。

有限実行しなければ、人からも社会からも、信用信頼は得られません。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン