神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

コンテンツ 人生と家族 育児

人気食べ放題「焼肉きんぐ」に赤ちゃん子連れで行ってみた。子供椅子は必要?

更新日:

スクリーンショット 2015-07-16 22.07.27

夏である。とっても暑い夏である。

こうも暑いと、梅雨が明ける前に夏バテしてしまうということで、暑気払いもかねて焼肉を食べることにした。

元来貧乏性の僕とその一味は、「焼肉食うなら、財布の心配がいらない食い放題だぜ」という食い意地を存分にはらせて、焼肉食い放題の「焼肉きんぐ」へとはせ参じた。

果たして、赤ちゃん、子連れでの焼肉食べ放題は成功するのか?

子供椅子は置いてあるの?持っていった方がいいの?

焼肉きんぐで実際に子連れ焼肉を体験してきた僕が、くまなくレポートする所存である。

子連れで焼肉!5ヶ月の赤ん坊を連れて、いざ焼肉きんぐ食べ放題へ

焼肉きんぐは、言わずと知れた「焼肉バイキング」のチェーン店である。

そのスタイルはいたってシンプルで、3つのコース(それぞれ料金と選べる料理の数が違う)から1コースを選び、選び抜いたらその後は、備え付けのタッチパネルで注文すると、店員さんが次々に肉やらドリンクやらを運んでくれるというシステムの焼肉店である。

スクリーンショット 2015-07-16 22.07.39

タッチパネル注文が便利!

このタッチパネル式のお見せは、食べ放題形式とすると非常に便利である。

代表格で言うと回転寿司だろう。最近は、回転寿司なのに回転するレーンが設置されておらず、すべてタッチパネルによる注文式に変わっているお店もあるという。

横浜の中華街で、中華食べ放題バイキングを堪能したことがあるが、その際は店員さんをいちいち呼び寄せなければならないシステムのため、手間がかかるし、何より忙しそうにしている店員さんを呼び止めるのが不憫だった。

その点、このタッチパネル式は気兼ねなくガンガン頼めるので、良い。

100品頼めるスタンダードコース2980円をチョイス!

スクリーンショット 2015-07-16 22.08.03

 

今回は、3つあるコースの中の真ん中、スタンダードコースで食い倒れることにした。

小生は、あまりカルビのアブラ感が好きではないので、あっさりして肉のしっかりした食感が楽しめる厚切りのロースステーキがあるのは嬉しい限りである。

スクリーンショット 2015-07-16 22.10.44

小生はアセドアルデヒド分解酵素を持たないまったくの下戸、細君は授乳中ということで、ノンアルコールのソフトドリンク飲み放題を追加した。

あとはひたすら食うだけだが、問題は我が息子

問題といってしまっては息子が可愛そうだが、残念なことに我々が訪れた焼肉キングは、お座敷席がない。

以前、生後2ヶ月の赤ちゃんを連れてしゃぶしゃぶ食べ放題ランチを堪能できるか試してみた!の時は、お座敷席だったので、割りとスムーズに食事が出来た。

しかし、今回はテーブル席である。しかも、息子は2ヶ月の頃よりだいぶ進化していた。

どこがどのように進化したかというと...

  • 支えてあげればお座りするようになった
  • 寝返りできるようになった
  • いないいないばあ、に反応するようになった
  • おもちゃを掴んでハムハムする
  • 時折、叫ぶように泣く
  • おむつがMサイズになった

とまあ、こんな感じである。

焼肉キングには子供椅子「バンボ」があるが...

焼肉きんぐにはなんと、幼児用にバンボが置いてある。

わが家もバンボを練習中だが、まだ前のめりになってしまいイマイチ使えていない。

一応、事前にお店に許可をとって、テーブルの横にベビーカーを置かせてもらったので、そこに寝かせる作戦で出動した。

いざ食べ始めてみると、息子は落ち着かない様子である。

ミルクはしっかりあげていたので、どうやらこいつ眠いらしい。

赤ちゃんは眠くなるとぐずり出す。これは自然の摂理である。

なんとか、細君と代わりばんこにあやしながら、肉を焼いては食う夫婦。もはや、そこには食い意地しかない。

そして30分ほど経ったところで、いよいよ息子の眠気もマックスになったので、小生が抱っこし、必殺の「寝かしつけダンス」を踊る。

今日は平日であり、オープン直後の5時に入店したので、店内はガラガラ。他のお客さんに迷惑をかけないようにと、時間帯と早めて来たのが功を奏した。

息子は5分ほどで就寝し、無事にベビーカーの中へ、幌を下ろして真っ暗にしてやると、店内にヒップホップが元気よく流れるなか、息子は良い子にねんねしてくれた。

親孝行な息子である。

そして、息子が寝たのを良いことに、我々夫婦は肉を焼いては食い、焼いては食いの無限ループを繰り返したのである。

赤ちゃんと焼肉食べ放題をする時は、ベビーカーを持って行き、寝かせよう!

まだ小さい乳幼児や「ベビーカーで寝ることが得意な子」をお持ちの方は、ぜひともベビーカーを店内に持っていくことをおすすめする。

2歳になった息子を連れて、焼肉キングに再チャレンジ

時はたち、息子も2歳になった。

成長した息子は、かつての「おっぱい大好き赤ちゃん」から、「何でも食べるよ、早く持ってきてボーイ」に成長していた。

幼稚園にも1年通い、給食でいろいろなものを食べたおかげで味覚も成長し、今や大人と同じものをある程度食べられるまでになっている。

息子の好きなものは

納豆、イチゴ、醤油せんべい、ジェラート、からあげと多岐にわたるが、

中でも大好物なのが焼肉である。

牛ではなく、豚がメインだが、

薄切りの豚ロースを焼いて、塩や醤油で味付け、パラパラと青のりをふってあげると、スーパーで売っているパック1つや2つは一晩のうちに平らげてしまう。

恐ろしや2歳児である。

子供用椅子は持参するのが得策

僕が来店した焼肉キングには、バンボは置いてあったものの、2歳児が座れる子供椅子というのが置いていなかった。

もともと、椅子がないことを想定して、折りたたみの子供椅子を持参していたので、問題はなかった。

カトージ キャンピングホルダー5点式 NewYorkBaby 58808

このタイプの椅子であれば、焼肉用テーブルにもしっかり取り付けられるので心配なく。

我が家は常に車のトランクにこのタイプの椅子を入れておいて、外食の時、妻の実家で食事をする時には、すぐ使えるようにしている。

1〜3歳時は飽きるのも早いので、最終手段として動画の力を借りる

さて、こうして椅子もセットして、待望の焼肉を食べ始める。

大人たちは、それはも鬼の形相で肉を焼いては喰らう、焼いては喰らうと飽きもせず食べ続けるが、子供はそうはいかない。

特に1〜3歳児は食べる量も少ないし、基本的に直ぐ飽きる。

制限時間の90分間、親が肉にむしゃぶりついている間、ずっと静かにしている保証などない。

いや、むしろ「絶対に途中で騒ぎ出す」のは明白である。

 

そういう場合は仕方がない。

これはもう禁断の手法であるが、スマホと動画のお世話になるしかない。

まったくもって「時間いっぱい、腹いっぱい食いたい」という人間、親のエゴの犠牲になる子供たちには申し訳ないが、「ほんの数十分だけ、お父ちゃんとお母ちゃんを許しておくれ〜」と懺悔して、動画の再生ボタンを押しましょう。

理想はSDカードに動画をセット。dTVがあればアンパンマンが助けてくれる

スクリーンショット 2017-03-07 17.00.54参照:dTV

子供が好きな動画をSDカードに入れておければ一番理想。

ネット環境の有無にかかわらず、電池のヘリも気にせず、子供が集中して見られる動画を再生しておける。

YouTubeは便利そうだが、大人が暇つぶしに見るには良いが、子供向けの動画というのはそれほど多くない。

おもちゃを開封して遊ぶ動画や動物の動画など、興味がありそうなのがあればブックマークか、ダウンロードしておくのが良いだろう。

欲を言えば、dTVに加入してあれば言うことはない。

dTVには、天下無敵の「アンパンマンチャンネル」があり、他のアニメ作品なども豊富な上に、月額500円(税別)というリーズナブルさがありがたい。

うちの息子もそうだが、アンパンマンさえ観られていれば、まったくもって文句は言わない。

アンパンマンは最強の味方であると心得よう。

★dTVの30日間無料体験はこちら⇒dTVホームページ

スマホのケースは「自立型」にしておこう

子供にスマホで動画をみせる時には、自立型のケースにしておくと便利。

iPhone 7 Plus ケース, JEDirect iPhone 7 Plus ケース リング付き スタンド機能 指1本で保持落下防止 擦り傷防止 衝撃防止 クリアバック アップルアイフォン7 Plus 5.5"インチ用 (HDクリア) - 3437A

ケースを使って立たせることができるので、お皿や湯呑みにもたれさせる必要はなし。

焼肉を食べることに集中できる。

 

 

★赤ちゃん連れでしゃぶしゃぶ食べ放題にいった結果はこちら

生後2ヶ月の赤ちゃんを連れてしゃぶしゃぶ食べ放題ランチを堪能できるか試してみた!

おすすめ家庭用プールは屋根付きでシンプル&コンパクト

屋根付き家庭用子どもプール

一度きりの夏が来ました。

朝から暑いので、子ども(2歳)は日課の公園遊びができず、暴れられないためストレスMAX!

そこでさっさとプールを用意して水浴びさせ、身体はクールに心は熱く、夏の水遊びを堪能させています。

おすすめする家庭用の子どもプールはサンシェード(屋根)付きのシンプルなプール。

ムダな労力を使わず空気を入れるために電動の空気入れは絶対に必須のアイテムです。

 

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-コンテンツ, 人生と家族, 育児
-, ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.