肉も野菜も美味しく保存できる冷凍と解凍の正しいやり方

P1170804

8月6日放送のとくダネで、正しい冷凍保存と解凍を行う事で肉や野菜をより美味しく食べる方法を紹介していた。専業主夫の小生としては、見逃せない特集なので要チェックである。

スポンサーリンク
アドセンス大

たれにつけて1週間冷凍したお肉は柔らかくて美味しい

番組では、「1週間たれにつけて冷凍した豚肉」と「20分たれにつけた生の豚肉」を焼肉にし、道行く人々に食べてもらって、その美味しさを比較した。

結果は、ダントツで「1週間たれにつけて冷凍した豚肉」だった。

その理由は、たれが肉に染み込み、参加を防ぐと共に、組織を柔らかする働きがあるからだという。

貝や野菜も冷凍すると便利で美味い!

大人気の冷凍保存本であるかんたん 節約 すぐできる おいしい! 冷凍保存レシピを監修した東京海洋大学の鈴木徹さんが、さまざまな食材の正しい解凍法を解説。

アサリやシジミは水ごと冷凍

砂抜きしたアサリやシジミは、冷凍用容器にたっぷりの水とともに入れてそのまま冷凍。

使う時には、凍ったまま鍋に入れればOK。

こうすることで、貝類が持つオルニチンがなんと4倍にもなるという。

タマネギはみじん切りにして冷凍

みじん切りにしたタマネギもそのまま冷凍して、使うときはそのままフライパンへ。

冷凍したことで組織が壊れているので、5分もしないうちに簡単「あめ色たまねぎ」が出来上がるという。

キノコ類はそのまま冷凍で旨味アップ

キノコ類はれいとうすることで、旨味成分であるグアニルさんが2.5倍に。

ジップロックなどに入れて、そのまま冷凍すればOK。

冷凍保存のやり方が重要ポイント

ブロッコーリーなどをスーパーから買って来たまま冷凍すると、袋の中に霜がたまったりすることがある。

その状態で解凍して使うと、変色やニオイの元になる。

腐敗している訳ではないが、酵素の働きによってビタミンなどが分解されてしまい、味が悪くなる可能性があるとのこと。

野菜はさっと下ゆでして冷凍する

ブロッコリーなどは、事前に15〜30秒ほど下ゆでしてから冷凍すると、酵素の働きが鈍り、劣化を抑えられる。

ただし、全ての野菜にあてはまる訳ではないので注意が必要。

→野菜の冷凍に関しては、こちらのサイト「野菜・豆腐・卵」をおいしく冷凍する方法に詳細が。

肉や魚は2重にラップを巻く

肉や魚は冷凍して2週間ほどするとクサミが出て来る。ラップは二重巻きにして保存する。

空気を抜いて真空状態に近づけて冷凍保存

空気は冷凍保存の大敵。

空気中で酸化することによって、味、ニオイ、色が劣化し、栄養価も低下してしまう。

それを避ける為には、ジップロックなど密閉できる袋に食材を入れ、ストローで中の空気を抜く方法がおすすめ。

解凍は氷水+流水で

せっかく、しっかり冷凍した食材も解凍の仕方がまずいと台無しに。

解凍するときは、一気に酵素が動き出すので注意が必要。

おすすめの解凍法は、ボールに氷水を作り、その中で、流水を使って行う方法。これはお肉などの場合。

キノコや加熱済みの野菜は、凍ったままフライパンなどに入れ、調理してしまって問題なしとのこと。

人気の「冷凍レシピ本」

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン