漫画原作の新人賞・モーニングのTHE GATEに応募します。

スクリーンショット 2016-05-12 14.20.58

漫画原作という新しいジャンルに挑戦するべく、ターゲットを講談社の漫画雑誌モーニングが主催している漫画新人賞「第三回 THE GATE」に定めました。

スポンサーリンク
アドセンス大

漫画原作の新人賞・モーニングのTHE GATE

こちら、人気漫画をたくさん排出している漫画雑誌モーニングが主催する漫画新人賞。

審査員にピアノの森の一色まこと氏、ジャイアントキリングのツジトモ氏を迎え、「漫画部門」と「原作部門」に分けて、作品を募集するというもの。

賞金は大賞が100万円。もちろん、各賞に賞金とは別に雑誌等への掲載権が与えられる。

この賞を受賞すると、一気に漫画家や漫画原作者への道が開けるという意味では、ものすごい大チャンスが目の前に転がっているということになる。

いくつかある漫画原作新人賞の中から、このTHE GATEを選んだ理由は一つ。

他の新人賞がネームでの応募が原則であるのに対し、このTHE GATEは文章でも応募できる。

それは非常にありがたい。

講談社モーニング 第3回THE GATE募集要項

狙うは原作部門の受賞

いまさら漫画は描けないので、原作で勝負ということになる。

応募規定はこちら。

原作は、文字原稿でもネーム原作でもOK!
「第1話」原稿に企画概要(A4用紙1枚程度)・物語全体のあらすじ(400文字程度)・登場人物一覧を添えて送ってください!
魅力的なキャラクターと斬新な企画があれば1話で読者の心を鷲づかみにできるはず! すべてを注ぎ込んだ第1話、お待ちしています!

つまり、求められているのは連載漫画の企画。

その第一話をネームか、もしくは文章(小説や脚本)にまとめて応募するという趣向だ。

本当にクオリティの高い作品であれば、新人賞受賞後にそのまま作画担当が決められ、連載という運びになることだってあるのだろう。

まさにドリームチケット。

そんな作品が書ければの話ではあるが。

一挙、3作品を応募の予定

締め切りが2016年5月31日ということで、あまり時間はない。

そこで、過去に執筆した小説の中から2本。

新作を1本、応募してみることにした。

既存小説は、noteで販売中のおなじみ

短編小説「追憶のマーメイド」

短編小説「裏庭のホムンクルス」

である。

モーニングは大人向けの雑誌なので、

「追憶」の主人公はサラリーマン、「裏庭」の主人公は中年の理髪師と、無駄に若くないのがちょうどよい。

新作は、小説用にあたためていたアイデア。

あまりあたため過ぎても羽化しまうので、この辺りで出荷することにする。

青春スポーツものとミステリーを融合させたようなもの。

詳細は、応募が完了してからお知らせすることとしよう。

まずは応募用作品の体裁を整えてデータをまとめること。

ああ、忙しくなってきた。

講談社モーニング 第3回THE GATE募集要項

★注目の結果はこちら→【敗因分析】モーニングの第三回THE GATEにマンガ原作を応募したら落選しました。

漫画原作者になりたい人のための参考書籍

漫画原作者になるには、それなりの「コツ」が必要である。

まずは多くの情報をインプットして、最適なアウトプットを導き、最短距離を突き進もう。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン