神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

おすすめ商品レビュー グルメ コラム コンテンツ

スキレットとは、ロッジ、ニトリ、ダイソーでも売っている鉄鍋フライパン。サイズは?ふたは?レシピは?

更新日:

スキレット

スキレットとは厚手でがっしりとした鉄製のミニフライパン。鉄という素材の特性を生かした様々な調理法で人気の料理グッズで、アウトドアなどでもよく用いられる。調理をした後、そのまま食卓に出すと、何だか雑誌に出てきそうなオシャレな雰囲気に。こちらのスキレットで焼かれた目玉焼きは、栃木県の那須塩原市で泊まったオーベルジュ(宿泊施設付きのレストラン)で朝食に出されたもの。何だか、とってもラピュタ的。

わが家でも餃子やお肉を焼くのに使っている。最近ではダイソーなどの100均でも売っているほど浸透している様子。

スキレットを販売しているアウトドアメーカーや、購入する時に悩むサイズ、必ず必要になるフタをどうするかなど、スキレットを使う上での基礎知識をまとめてみたい。

人気は"LODGE(ロッジ)のスキレット

スクリーンショット 2016-04-05 12.50.42

老舗アウトドアメーカーの本格派「ロッジのスキレット」ラインナップ

スキレットといえば人気なのがアウトドア用のダッチオーブンメーカーでもあるLODGE(ロッジ)。ダッチオーブンと同様の製法で作られているLODGE(ロッジ) スキレット 10-1/4"" /フライパンなどが。お手頃価格・サイズで人気です。

ロッジのスキレット売れ筋ランキング

Amazonでのロッジ製スキレット売れ筋はこちら。

やはり、自分の目的や用途にあった「ちょうど良いサイズ」を見つけるのがポイント。

家庭用のグリルやオーブントースターで利用する場合は、きっちりと収まるサイズを購入しないと大変なことになりますので、

お使いの調理機器のサイズをよく調べてから購入することをおすすめします。

アウトドア用途であれば、大人数の料理を一度に調理できる大きめサイズがあると便利です。

とりあえず、大小一枚ずつ揃えておけば、様々なシーンに対応できるでしょう。

初心者にはありがたい、ロッジのスキレットはシーズニング済み!

新品のロッジのスキレットを開封すると、時々、油汚れが付いている場合があります。

不良品か!とびっくりするのですが、これは向上でシーズニングという表面の小さな穴を食用油で埋める作業をしたために起こったものです。

スキレットは使用するまえにシーズニングを行って、油をなじませなければならないのですが、ロッジの場合、それを前もって工場でやった上で販売しているのです。

あると便利なスキレットグッズ

スキレットの大きな特徴が「取っ手まで全部鉄」ということ。

つまり、調理をして熱すれば、持ち手まで熱くなるということです。

これを忘れて素手でスキレットに触れた日にゃあ、それはもう大半なことです。

故にミトンやグローブなど、スキレットを扱う手袋類が必要なのですが、これがしっくりこないと実にスキレットが扱いづらくなります。

こちらはロッジオフィシャルの最高650度まで対応しているハンドルミット。手にはめるのではなく、スキレットの持ち手にかぶせるタイプなので、手は素手のまま自由に使えるというメリットがあります。

薄手ですが、耐熱性は抜群。オフィシャル商品なので、サイズ感もばっちりです。

手袋タイプの方が安心という方には、耐熱性のバーベキューグローブがベスト。

耐熱グローブというと人工皮革の分厚いものというイメージがありますが、こちらは素材で勝負。

アラミド繊維を用い、薄手ながら、250度の熱にも耐える耐熱性を備えています。

手首まで広くカバーできるので、やけど予防にも効果ありです。

スキレットにフタは必須です

スキレットの能力を最大限に活かすには、蒸し焼きなどで利用できるフタが必須アイテム。

100均で売っている雪平鍋のフタが利用できますが、スキレット専用のフタの方が、良いのは言うまでもありません。

鉄製のフタは重いですが、その分、圧力鍋のような効果も期待できるので、料理の幅が広がるはずです。

ロッジのスキレットをフル活用できるレシピ本

見ているだけでも楽しくなるロッジのスキレットをフル活用するためのレシピ本です。

調理器具がスキレットというだけで、3割増しでおいしく見えるのはなぜでしょう?

 

こちらも人気。キャプテンスタッグのスキレット

スクリーンショット 2016-04-05 14.17.33
キャプテンスタッグのスキレットラインナップ

老舗アウトドア総合メーカーのキャプテンスタッグ製スキレットも人気。

ロッジのスキレットと違い、キャプテンスタッグ製は、購入した後に自分でシーズニングをしなければなりませんが、それも面倒と思わずやってみるのがアウトドア上級者への道。

ロッジ製スキレットより若干リーズナブルという点も、キャプテンスタッグ製スキレットのメリットでしょう。

キャプテンスタッグのスキレットラインナップ

老舗アウトドアメーカーの本格派「ロッジのスキレット」ラインナップ

キャプテンスタッグ製スキレットのフタ

こちらもスキレットのフタは必須ですね。

サイズに合ったものを間違わずに購入しましょう。

いざ、調理しようとしてフタのサイズが合わないとがっかりします(笑)

ニトリのスキレットも愛用者多数

お値段以上でおなじみのニトリには、調理器具やキッチン小物も充実。その中にもちろんスキレットもある。

ニトリのスキレット

476円という価格にまず驚くが、「ニトスキ」という相性で呼ばれ、好んで使う料理好きの方もたくさんいるといます。

サイズは6インチ(幅26×奥行17×高さ3cm)で、もちろん鉄製。

小振りなスタイルが「かわいい」という女子の声多数です。

一時期、品薄状態が続いていますが、今は店頭で購入できます。

500円というリーズナブルプライスですから、スキレットを使ってみたい人の入門編としては最適かもしれませんね。

ニトスキから始まって、ロッジやキャプテンスタッグの本格スキレットへレベルアップするのもアリです。

ニトスキ愛用者のためのレシピ本

多くのニトスキファンが待ちこがれていたニトリ公認のニトスキレシピ本も人気のようです。

スキレットは100円均一でも当たり前のように売っている。けれど....

フライパンに比べて一般には知名度が低いスキレットだが、庶民の味方100円均一でもしっかり売っています。

ダイソー、セリアなど多くの100均ショップで販売していますが(100円ではない場合が多いです)、基本的にサイズが小さめであること、そして何より「コストを抑えに抑えた安価な商品」であることを肝に命じて使う必要があるでしょう。

個人的には、100均のスキレットは、ロッジやキャプテンスタッグ製に比べれば、おもちゃだと思います。

しっかりとスキレットの特製を活かした調理をして楽しみたい人は、本物を最初から購入するのがベストでしょう。

キャプテンスタッグのスキレットラインナップ

老舗アウトドアメーカーの本格派「ロッジのスキレット」ラインナップ

スキレットを使ったクックパッドレシピ

クックパッドでもスキレットを使ったレシピがたくさん紹介されています。

美味しそうなのはもちろん、料理は見た目も大事だなと教えてくれるスキレットレシピです。

スキレットでハンバーグの作り方クックパッドレシピ

スクリーンショット 2015-05-18 8.40.18

参照:スキレットでふんわりジューシーハンバーグ(クックパッド)

子供も喜ぶハンバーグをジューシーに仕上げる鉄鍋スキレットで、一味違うハンバーグを。

スキレットでパエリアの作り方クックパッドレシピ

スクリーンショット 2015-05-18 8.40.51

 

参照:スキレットでパエリア(クックパッド)

スクリーンショット 2015-05-18 8.43.17

参照:スキレット、鉄鍋でつくる本格パエリア

大勢で食べると楽しいパエリアなので、なるべく大きめのスキレットを使った方が良さそう。

スキレットでステーキの作り方クックパッドレシピ

スクリーンショット 2015-05-18 8.43.37

参照:【男の一人飯】スキレット激安ステーキ

フライパンでは焼き方が難しい厚切りステーキもスキレットの鉄鍋パワーで簡単に。

スキレットでナポリタンの作り方クックパッドレシピ

スクリーンショット 2015-05-18 8.44.09

参考:スキレットde鉄板ナポリタン

時折、無性に食べたくなるナポリタンをスキレットで名古屋名物の鉄板ナポリタン風に。

スキレットでオムレツの作り方クックパッドレシピ

スクリーンショット 2015-05-18 8.45.05

参考:スキレットDE♪オムレツ

名作絵本「ぐりとぐら」に出てくる様なでっかいオムレツも作れます。

とにかく「焼いただけの肉」が美味い!

P1170807

とにかく、「ただ焼いただけ」の肉があまりにも美味いのが、このスキレットのシンプルな魅力かと!

写真は、アボカドとチーズを載せて焼いていますが、

塩こしょうしただけの鳥もも肉1枚を豪快にやいてかぶりつくのが大好きです。

ビールにも合いますよ〜、たぶん(小生は下戸なので、ノンアルコール専門です)。

【関連記事】→スキレットで「アボカドとチーズのグリルチキン」を作ってみた!クックパッド人気レシピより

神紅堂書店のスキレット関連記事

スキレットで「アボカドとチーズのグリルチキン」を作ってみた!クックパッド人気レシピより

ニトスキ売り切れのため「イシガキ 鉄鋳物フライパン」で快適スキレット生活。フタは100均で十分。

ニトリのスキレット「ニトスキ」は500円で買える本格鉄鍋

一戸建て注文住宅の間取りプラン、費用見積り、土地探しが一度にできる無料資料請求が便利すぎる!

一戸建て注文住宅の無料一括資料請求サービス「タウンライフ家づくり」の驚くべきところは、「あんな家が建てたい!こんな家にしたい!」という要望を伝えると、希望するハウスメーカー(地域ごとに自由に選択可能)にその情報を伝えてくれ、ハウスメーカーが資料請求をした方専用にオリジナルの「間取りプラン、注文住宅費用の資金計画書、土地探し情報」をまとめた資料を送ってくれること。

複数のハウスメーカーに一度に依頼できるので、自分たちが希望する家のオリジナル計画書が、いくつも出来上がってくるということです。

こういった整理整頓された資料があれば、自分たちであれこれ調べる必要もありませんし、様々なハウスメーカーを横並びにして比較検討することができます。

一戸建て注文住宅を本気で建てたいなら、利用する価値あり

一戸建て注文住宅を建てたいと思っている方は、ある程度、希望の家の概要を家族で話し合いまとめてから「タウンライフ家づくり」を利用してみることをおすすめします。

自分が住んでいる、家を建てたい土地ごとに、希望するハウスメーカーを選んで資料請求できるので、非常に使い勝手が良いです。

幸せ一戸建て計画を、この資料請求から始めてみましょう!

タウンライフ家づくりで資料請求してみる

【詳しくはこちらの関連記事にて】

一戸建て注文住宅の間取りプラン、費用見積り、土地探しが一度にできる無料資料請求が便利すぎる!

 

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-おすすめ商品レビュー, グルメ, コラム, コンテンツ
-, ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.