GoPro不要!激安アクションカメラSJ4000の正規品をAmazonで買う方法。

P1020788

SJ4000の正規品を買おう!激安アクションカメラのSJ4000が値下がり、今や正規品が7000円で購入可能。コストパフォーマンスで本家 GoProを凌駕した小型ウェアラブルカメラの本命の正規品を間違いなく買う方法をご紹介。

スポンサーリンク
アドセンス大

激安アクションカメラSJ4000の正規品を買う

購入はアマゾンでするのがベストだろう。送料も無料だし、料金も安い。

SJ4000は、GoProに代表されるアクションカメラ業界で破格の誇り人気を博した。

GoProが50000円以上するのに対し、

SJ4000は、10000円でお釣りが来る。

後継機が出た影響もあり、その値段は値下がりし、ついに7000円代を越えた。

今こそ買いどきなSJ4000だが、偽物も多く出回っているので注意が必要だ。

正規品を購入するためには、正規品を販売しているお店で買うのが一番良い。

小生が購入したSJ4000は、間違いなく正規品だった。

P1020793

SJ4000の箱にはシリアルナンバーが書いてある。

ここを削ると。ナンバーが出てくる。

それをオフィシャルホームページの確認ページにて入力してみると

P1020794

正規品と確認できましたの文字。

無事に小生のSJ4000が正規品であることが確認された。

小生がSJ4000を購入したのは、stooctamというお店。

こちらは、

スクリーンショット(2016-05-24 14.26.01)こんなコメントを残すほどなので、なかなか信頼性は高いと確信。

小生はこの店で購入することを決定した。

結果は、問題なし。

こちらは小生が購入したモデル。

7000円という破格の値段で、実用に耐えうるアクションカメラが手に入るのだからお得である。

7000円という値段なら、激しく使用してもし壊してしまっても「まあ、いいか」と涙を飲めるレベルである。

Wifiモデルもある

こちらはWifi対応モデル。

アプリを使って、カメラから映像を飛ばし、スマホなどでリアルタイムに確認できるというもの。

そういった用途で使用したい人は、たかだか2000円の差なので、こちらを選ぶことをおすすめする。

ラジコンでのFPV、空撮利用は、距離と電波混線でNG

ただし、ラジコンやドローンにつけて空撮をしたいという場合は注意が必要。

見晴らしの良い平地でも50mほどしかwifiの到達距離はないのだが、ラジコンやドローンに搭載することで、その距離は30〜20m程度にまで低下するという実験結果がある。

おそらく、ラジコンの送信電波との混線や使用しているスマホのwifi性能の限界によるものだと思われるが、万が一、ラジコン操縦用プロポの側に問題が発生して操縦不能にでもなったら大変なので、空撮目的の仕様ではwifiは使わないことをオススメする。

本格的なFPVを楽しみたい場合は、以下のようなゴーグルを利用しよう。

FPVとはFirst Person View(一人称視点)の事です。 カメラと映像送信装置をラジコンに搭載し生中継される映像を受信装置で見ながら飛行する事で自分がラジコンに乗っているような感覚で操作する事ができます。

SJ4000を開封してみる

P1020785

こちら、スタイリッシュなんだかダサイんだからよくわわからないパッケージ。

P1020787

カメラ本体と様々なアタッチメントが入っている。

ちなみにUSB充電のコンセント部分は箱の外側に付属しているというのが謎。

P1020788

7000円とは思えない整ったフォルム。

知らない人に「30000円だよ」といえば、ダマされるかもしれない。

それくらい外装のクオリティは申し分ない。

P1020789

防水ケースを外してみたところ、細部もしっかりしている。

P1020791

こちらがカメラ。40gほどだとか。

非常に小さくて軽いが、ボタンが大きいので操作しやすそう。

P1020792

ipod touchと並べてみるとこのくらいの大きさ。

ドローンにつけて空撮動画を撮影の予定

しっかり正規品も買えて、中身も良かったので大満足である。

今回は、このSJ4000をドローンにつけて空撮を行う計画がある。

動画が撮影できたら、またご紹介しよう。

★Sj4000の正規品はこちら

→通常モデルを購入する

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン