神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

おすすめ商品レビュー グルメ コラム コンテンツ

予約必須!世田谷代田「白髭のシュークリーム工房」のトトロのシュークリームを実食

更新日:

P1170509

「トトロのシュークリーム」で有名な世田谷代田の「白髭のシュークリーム工房」。

あまりの人気に予約しないと購入はかなり困難との噂を聞いていたので、食べられるのはいつのことやらと思っていたが、先日ひょんなことからお目にかかることができた。

都内在住の細君の友人が、我が息子の出産祝いのためにわざわざ我が家へ馳せ参じてくれた際、おみやげとして買ってきてくれたのが、「白髭のシュークリーム工房」による「トトロのシュークリーム」だった。

トトロのシュークリームは毎日手作り

P1170514

商品に付属のミニパンフレットによると、トトロのシュークリームを作ることができるのは、「白髭のシュークリーム工房」だけだそうだ。もちろん、「スタジオジブリ公認」である。噂によると、宮崎駿氏の実弟の奥方が経営するお店だそうだ。
トトロの形をしたシュークリームを型くずれせず焼き上げるのは非常に難しく、手間暇もかかるため、大量生産ができない。心を込めて一つ一つ手作りしているので、表情も皆違うという。
パンやお菓子づくりに精通している小生の作訓も、シュークリームを眺めながら「はて、どうやって焼いているのか?」とひとりごとをつぶやいていた。

こだわりの国産原料

トトロのシュークリームは、可能な限り、国産のものにこだわっているのだという。
小麦粉は北海道産と石川県産のオーガニックのもの、生クリームとバターは北海道産。栗は熊本県産、イチゴは和歌山県産の「さちのかイチゴ」、桃は山梨県の白桃。
チョコレート、バニラビーンズ、バナナ、リキュール類の一部は、国産品が少ないため、海外からの輸入品を使用している。

季節限定のフレーバーもあり

P1170542

トトロのシュークリームは、その形に目が行きがちだが、中身も大注目である。
シュークリームなので、もちろん中にはクリームが入っている。そのクリームも、定番の味から、季節限定のものまで、バラエティ豊かだ。

値段もフレーバーによって変動するが、1個だいたい400円程度。

P1170543

オールシーズンのレギュラーフレーバー

カスタードクリーム

バニラビーンズ入りのカスタードクリームとフレッシュ生クリームをミックス。

チョコレートクリーム

2酒類のチョコレートを織り交ぜてマイルドでふくよかな味わいに。かすかなオレンジの香りがポイント。

1月〜6月:ストロベリークリーム

和歌山県産「さちのかイチゴ」とフレッシュ生クリームをミックス。グラニュー糖とリキュール以外はいっさい何も加えず、素材の味と香りを生かしている。

7月〜9月:ピーチクリーム

白桃のシロップと生クリームを混ぜ合わせ、リキュールに漬けて浅漬けにした山梨県産の白桃をミックスしてある(桃の収穫時期により発売時期は変動)

10月〜12月:マロンクリーム

熊本県産の和栗を贅沢に使用した贅沢なマロンクリームに栗の渋皮煮を刻んで混ぜ合わせてある。

季節によって入れ替わる3品

キャラメルバナナ(1〜4月)
抹茶あずき(5〜8月)
木いちご&クリームチーズ(9〜12月)

トトロのシュークリーム実食

P1170517

こうしてついに目の前にやってきたトトロのシュークリーム。並べてみると、圧巻である。
小生がいただいたのは、チョコレートクリーム。
「僕を食べるの?」とつぶらな瞳で言っているようで、胸が痛い。
シュークリームのシューは、通常のシュークリームよりは固めで、持ってみるとずっしりしている。
どうやって食べようかとひとしきり悩む。
頭からかぷりと行きたい気持ちもあるが、あまりにもかわいそうなので、下からちびちびかじることにした。
中には、自慢のクリームがたっぷり入っている。

P1170519
厚めのさくふわ生地と一緒に食べると、ちょうど良い甘さで至福のひとときである。

P1170520

白髭のシュークリーム工房アクセス

住所:東京都世田谷区代田5−3−1

電話:03-5787-6221

営業時間:午前10時半~午後7時
定休日:毎週祝日以外の火曜日。火曜日が祝日の場合は火曜営業、水曜休み。

詳しくは白髭のシュークリーム工房ホームページにて

 

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-おすすめ商品レビュー, グルメ, コラム, コンテンツ
-, ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.