【性格診断】類人猿分類法・4つの類人猿タイプで分類し、ビジネスにも応用で売上倍増!

ruijin

6月15日放送のとくダネでは、ビジネスにも使える性格診断「類人猿分類法」を紹介した。

「類人猿分類法」は、人間の性格を4つの類人猿、チンパンジー、オランウータン、ゴリラ、ボノボに分類して判断する性格診断方法。

スポンサーリンク
アドセンス大

性格診断をビジネスに活用。類人猿分類法で売上を倍増させたスーパー

行列ができるスーパー「鮮Do!エブリイ海田店(広島・海田町)」は、類人猿分類法という性格分析を店づくりに導入して以降、売り上げが二倍になったという。
こちらのスーパーは、スタッフの名札に必ず、「4種類の類人猿のイラスト」のうちの一つが入っている。これこそが、お店急成長の秘密である「類人猿分類法」だ。

類人猿分類法とは

類人猿分類法とは、人間の性格をゴリラ、チンパンジー、オランウータン、ボノボの4種類に分類して判断する性格診断法。
エブリイの精肉部門を例にすると、接客担当は「お話好き」なボノボ、チームのリーダーは全体の調和を重んじる「ゴリラ」、サブリーダーで肉の飾り付けなどが得意な職人肌の調理担当は「一人の時間を大切にする」オランウータン、行動的な新人スタッフは「好奇心旺盛」なチンパンジーとそれぞれ異なる類人猿の組み合わせでチームを作っている。
エブリイホーミイホールディングスの岡崎社長によると、類人猿の組み合わせが四つバラバラの人間関係を作った方が、効率的な場合が多いのだという。バランスよく類人猿を配置することでチームワークを格段にアップさせ、売り上げも上昇。現在では、スタッフ採用の段階から、新人社員を類人猿ごとに分類するようにしているという徹底ぶりだ。

この分類を監修した精神科医の名越氏によると、「この4つの分類を一つ一つ見ていく、あるいは人との対応の中で類人猿分類を通して見ていくことによって、人間を説明するのに整合性が出てくる」のだという。

鮮Do!エブリイの類人猿分類を使った取り組み

鮮Do!エブリイのホームページには、類人猿分類を実際に企業経営や店舗運営に活かす取り組みや「類人猿セミナー」について説明されている。

その中には、各類人猿の特徴や「共感ワード」なども記載されているので、参考にしていただきたい。

スクリーンショット 2015-07-16 8.11.19

スクリーンショット 2015-07-16 8.11.44

→参照:鮮Do!エブリイのホームページ

あなたはどの類人猿タイプか診断してみよう

ruijin

判定方法

  1. まずは表の横軸「感情を表に出すか、出さないか」を判断する
  2. 次に「大切にしていること」は「物事の追求や成果」か「安全・安定の維持」かで判断する。

とくダネ出演者の類人猿分類

オランウータン・・・菊川、デーブ・スペクター
チンパンジー・・・小倉、笠井
ボノボ・・・梅津、深澤
ゴリラ・・・なし

それぞれの類人猿分類の特徴

オランウータン

  • 納得が大事
  • 冷静で論理的
  • 職人気質
  • 効率的に動く

チンパンジー

  • 勝利が大事
  • リーダーシップがとれる
  • 思い立ったら即行動
  • 好奇心旺盛

ボノボ

  • スキンシップが大事
  • 問題解決より共感
  • 打たれ強い
  • 他人に依存

ゴリラ

  • 全体の調和が大事
  • 平和主義者
  • 秩序を守る
  • 入念に準備する

この4つの性格診断だけですべてがわかる訳ではないが、自分と人がどう違うのかを知るための足がかりにはなるだろう。

例えば、「ホメる」という行為一つとっても、それぞれの性格によってかけるべき言葉が異なるなど、詳しく知れば知るほど奥が深い性格診断である。

ネット上で簡単に類人猿分類法を体験できるサイト

スクリーンショット 2015-07-15 10.56.32

人間関係がうまくいく類人猿診断

こちらのサイトで簡単に自分の類人猿タイプが診断できる。

スクリーンショット 2015-07-15 10.57.04

やり方は簡単で、いくつかの質問に答えていくだけ。

スクリーンショット 2015-07-15 10.57.23

小生は、予想通り、「職人気質のオランウータン」であった。

こちらの書籍が「類人猿分類法」の数少ない関連本のようだが、Amazonのレビューはすこぶる悪い

とくダネ紹介の生年月日で分類する性格診断

生年月日で占う簡単性格診断がおもしろい
世の中には、血液型や星座で吉凶を占ったり、その人の特性をカテゴライズする性格診断などが昔から様々存在するが、5月28日放送のフジテレビ「とくダネ」の「小倉が斬る」で、今人気だという「生...

こういった性格分類法は数多あり、信ぴょう性があるもの、ないもの様々だろう。

ただ、「自分がこういう人間である」というのは、日常生活の中でなかなか自覚できないものなので、こういった「テーマ性」を持って分かりやすく分類できると、「自分を知る」という意味では、役立つこともあるだろう。

また、それをビジネスに応用するというのは、一つの「やり方」として面白いと思う。それで結果が出ているのだから、なおさら試してみる価値はあるだろう。

何もしないより、何かする。納得するまでやってみるのがオランウータンである。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン

コメント

  1. うどん県民 より:

    おもしろそうなので、大学に帰ったらやってみようと思う。
    スーパーのページに、向いている仕事や共感ワードとアドバイスがあったので、自分達で分類診断して、お互いの理解をして行きたい。
    名札も良いかも。

  2. シカヲ より:

    うどん県民様

    コメントありがとうございます。
    スーパーのページの情報ありがとうございます。
    集団で行動する時や職場で導入してみると面白いかも知れませんね。
    名札や色分けをして、見た目ですぐに分かるようにするのは、理解を深めると思います。
    実際にやってみた結果が出たら、ぜひどうだったか教えてください。