【感動】間違って消してしまったデジカメの写真を復活させるフリーソフト「Recuva」がすごい!

2015-08-01 23_15_45-Recuvaウィザード

やってしまった。デジカメのSDカードに入った写真を間違って全部消してしまったのである。

そのカードには、細君が妊娠中から、息子の誕生、成長のすべてが記録されており、年末に「かんたんMybook」を使って、1年の出来事をまとめた写真集をつくろうと考えていたのだ。

すべての思い出と計画を水泡に帰すお馬鹿な大失敗に、小生は富士の樹海へ向かう道を検索しかけたが、はたと正気に戻り、消えてしまったデータを復活させる手段を調べた。

そこで見つけたのが、データ復活のフリーソフト「Recuva」である。

スポンサーリンク
アドセンス大

データ復活の切り札はフリーソフト「Recuva」

これはまさに、ファイル復元フリーソフトの決定版である。

内蔵ハードディスクやSDカードなどのリムーバブルディスクといった外部メディアから削除してしまったファイルを簡単な操作で復元することができる。

今回はSDカードの中にある写真データを消してしまったというバージョンでご説明。

使い方は簡単で、まずはこちらのサイトから、「Recuva」をダウンロードし、パソコンにインストールする。

インストールした「Recuva」を起動すると、このようなウインドウが現れる。

2015-08-01 23_26_26-Program Manager

次へを選ぶと

2015-08-01 23_15_05-Recuvaウィザード

どんなファイルを復元するかを聞かれるので、今回は、写真だから「ピクチャ」を選択。

ちなみにビデオもやってみたが、しっかり復元できた。

2015-08-01 23_15_27-Recuvaウィザード

続いて、復元したいファイルが入っていたメディアを選択。

今回はデジカメのメモリーカードから復元させる。

2015-08-01 23_15_45-Recuvaウィザード

そのまま「開始」を押せばスキャンが開始されるが、初めから「詳細スキャンを有効」にしてしまった方が、時間はかかるが、より多くのファイルを救出することができる。

消してしまったデータは、なるべく早く復元処理した方が復活の可能性は高まるようなので、迅速な対応が必要だ。

データの復活には、データ量に応じてそれなりに時間がかかる。

小生の場合、32Gのカードほぼいっぱいに保存したデータをスキャンするのに、だいたい30分くらいかかった。

その結果、ほぼすべてのデータを救出することに成功!

小生と家族の思い出は守られ、小生は富士の樹海行きの切符を買わずに住んだのである。

これは絶対におすすめのフリーソフト。

必ずパソコンにインストールしておくことをおすすめする。

ちなみに使っているデジカメはこちら。

静止画も動画も望遠も行ける。

普段使いには十分すぎるコンパクトデジカメ。

こちらもおすすめ。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン