【男の子の誕生日プレゼント】祝2歳の息子はトミカ、ストライダー、レゴで大喜び

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) スポーツモデル イエロー 日本正規品

スポンサーリンク
アドセンス大

目次

2歳の息子にあげる誕生日プレゼントを選ぼう

今月、息子が2歳になります。

早いようで短いような2年でしたが、大きな病気もなく元気に育ってくれてよかったです。
息子はイヤイヤ期まっさかり。
何か期限を損ねることをすると「アンパーンチ」とドスのきいた声で叫びながら、13キロの体重が乗った重いパンチを繰り出してきます。
完全なる内弁慶なので、保育園や家の外で繰り出すことはありませんが、アンパンチをするのはバイキンマンだけにして欲しいものです。

息子の誕生日は、じいちゃんばあちゃんの家に集結して、誕生会を開く予定です。
息子と同い年の女の子がいる弟夫婦も来るので非常ににぎやかな宴になるでしょう。
じいちゃんが用意してくれるケーキには例のごとく「アンパンマン」が描かれる予定です。

誕生日といえばやはり気になるのは誕生日プレゼント。
「2歳 男の子 誕生日プレゼント」などのキーワードで検索する親御さんも多いように、「我がの誕生日に何をプレゼントするか」は親やおじいちゃんおばあちゃんにとって、大きな悩みところでしょう。
何より一番は、プレゼントをもらった子供が喜んでくれることですが、何でもよいという訳ではありません。
子供が喜んでくれるものであり、かつ「役に立つ、ためになる」ものであれば、なお良い。
人間は欲張りなもので、ただ喜んでくれるだけでは飽きたらず、そこに「ある種の機能性や役得」を求めてしまうのです。ああ、欲深き人間の大人。
そういう訳で、いろいろと悩んだ結果、我が息子二歳の誕生日プレゼントは決定されたのです。

プレゼント① トミカ ハイパーレンジャー3号 レンジャートレーラー

【トミカ】ハイパーレンジャー3号 レンジャートレーラー

うちの息子は、おそらく社会一般の例に漏れず「車のおもちゃ」が大好きです。
車のおもちゃの代名詞といえば、やはりトミカですね。
数百円というリーズナブルな値段で、あのクオリティ。コレクター心をくすぐるラインナップ。さすが、日本を代表するミニカーです。
すでに小学生になっている甥っ子が遊んでいたトミカを大量にもらった息子は、苦労もせずに「トミカホルダー」となり、おおむね幸せなトミカライフを送っています。親としては、余計な出費がなくなるのでありがたいことです。

もらいものや中古品おもちゃも存分に活用するべし

基本のトミカがそろっているので、ミニカー以外の部分にお金が使えます。
最近は、ブックオフなどのリサイクルショップを中心に中古のおもちゃも取り扱いが多くなっています。
何でもそうですが、「必ず最新のものが一番良い」ということはありません。パソコンや携帯なども「一世代前の方が使いやすかった」という場合が少なくありません。
おもちゃも同じで、現行の最新モデルより、一昔前のおもちゃの方が機能的だったり、遊んでおもしろかったりするものがたくさんあります。

そういったものは、新品を買えませんので、自然、中古を購入することになります。
中古といってもまだまだ使えるおもちゃ達ですから、しっかりとメンテナンスしてあげれば、十二分に活躍してくれます。

トミカのタウンマップは、中古ショップで1000円でした。

原稿のマップは、ダンボールのような素材なのですぐに傷んでしまうのが難点で、遊びには楽しそうですが、購入をためらっていました。

その点、古いモデルはビニール素材でコーティングしてあるので、丈夫です。

何でも新調するのではなく、「良いものをメンテナンスしながら長く使う」という精神を親子で養うという点でもメリットは大きいと思います。
おさがりや中古品で楽しそうに遊んでいる我が息子ですが、さすがに誕生日くらいはまっさらな新品を買ってあげようと、「トミカのプレゼント」選びを始めました。

クリスマスプレゼントは「おかたずけコンボイ」

トミカ おかたづけコンボイ

去年のクリスマスには、トミカの「おかたずけコンボイ」をあげたところ、大喜びで大成功でした。
今や、メインのおもちゃとして毎日フル稼働です。
多少成長したのか、コンボイの中にきれいにトミカを並べて、留め具もつけたり外したりができるようになりましたが、トミカをフルに並べると相当に重いのが難点。

それでも「むおーっ」と持ち上げるので、足に落とさないか心配です。

より高度に、大きくなっても遊べるトミカシリーズを

やはりおかたづけコンボイのように「トミカシリーズを使って、発展的に遊べる」ものが、子供にとっても楽しいし、より深い遊びにつながるのではないかと感じました。

そこで今回は、トミカハイパーシリーズの中からプレゼントを選ぼうと考えました。

トミカハイパーシリーズは、ハイパーブルーポリス、ハイパーレスキュー、ハイパービルダーなど、警察、消防車、救急車、工事作業車をそれぞれテーマにした近未来的で、ギミックが満載の大型車輌おもちゃがラインナップされているシリーズです。

この中で、救急車と消防車については、古いモデルのおもちゃを甥っ子からもらっていたので、同じようなものが増えても仕方ないだろうと候補からは除外。

息子は、救急車や消防車、工事車両のほうが好きで、いまいちパトカーには興味を示さないので、ハイパーブルーポリスはあまり喜ばないのではないかと推測します。

となると、選択肢がなくなってしまうのでどうしようかと思っていたところ、良いのを見つけました。

ハイパーレンジャー3号 レンジャートレーラー

スクリーンショット 2017-02-03 11.21.26

参照:【トミカ】ハイパーレンジャー3号 レンジャートレーラー

どうですか!かっこいいでしょ!

こちら2013年発売の「ハイパーレンジャー」シリーズです。

1号のタンク、2号のヘリとなかなか魅力的なラインナップがありまして、

3号がこのトレーラーになります。

おもちゃ大好き男のこの心境としては、全部まとめて買ってあげたいところですが、そんなことをしたら妻にボコボコにされるので、やめておきます。

レスキューやポリスと異なり、凝ったビジュアルやギミックがなかなか楽しいレンジャーシリーズ。なぜ終わってしまったのかは分かりませんが、シリーズの中では僕としては一番魅力的に思えました。

さて、どれをプレゼントにしようか悩んだのですが、最終的にはレンジャー3号のトレーラーを選びました。

息子もまた2歳ですので、そんなに複雑なことができる訳ではありません。

1号のように、いろいろとボタンを押して、蓋をあけてというのはなかなか難しいところがあるので、3号のように「キャリアにとにかくトミカを載せる」というのであれば、カンタンですし、自分で工夫して遊ぶだろうと思いました。

また、バギー部分がロボットに変形するのも魅力。

今回のコンセプトは「大きくなっても長く遊べるおもちゃ」だったので、少し複雑なギミックで「変形」するこのおもちゃは、ぴったり合致するだろうと考えました。

しかも、古い在庫品だからか、当時6000円の定価だったものが、なんと半額です!

これはいい!

ということで、【トミカ】ハイパーレンジャー3号 レンジャートレーラーは、じいちゃんばあちゃんからのプレゼントということに落ち着きました。

プレゼント② ストライダーで体力と運動神経を育てる

息子が2歳になったら、買ってあげようと夫婦で決めていたプレゼントが足こぎバイク「ストライダー」です。これは、我々両親からのプレゼント。

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) スポーツモデル レッド 日本正規品

ペダルのないいわゆる「あしこぎバイク(自転車)」です。

これに乗ることで、自転車に乗り出す際のスピードが飛躍的に上がるという代物。

もちろん、バイクにのって走ることで体力の向上やバランス感覚の育成など、さまざまな身体的効果が期待できます。

現在、幼児用の体操教室など、運動面での習い事も小さい頃からいろいろありますが、特に専門的にやらなくても、「公園などで思い切り身体を動かして遊ぶ」ことが一番バランス良く身体を鍛えられるという話を聞いたことがあるので、我が家はそれで行きたいと思います。

ほぼ毎週末公園で遊んでいるので、その延長線上でストライダーも楽しんでくれればと思っています。

足こぎバイクもいろいろある

足こぎバイクにもいろいろなモノが出ていますので、必ずしもストライダーが良いということではないです。

より自転車に似ているものから、奇抜なデザインのものまで。

例えばこのSPARKYというランニングバイクは、ブレーキがついています。

その時点でストライダーの「ブレーキがない自転車」というコンセプトからは離れてしまうのですが、「ブレーキが付いていたほうが良い」という人もいるので需要はあるのでしょう。

しかし、レビューなどにもありますが、初めてキッズバイクに乗る2歳児がブレーキなどかけられるはずがありません。そもそも、手が届かないでしょう。

ストライダーのデメリットとして、「ブレーキがないので足で止まらなければならない。靴底の劣化が激しい」と言われることがありますが、「それも含めてストライダーの特徴」だと思いますので、やはり「ブレーキがない」ことがファーストキッズバイク=足こぎバイクにとっては重要なのだと思います。

ストライダーでないと仲間に入りづらい

このストライダー、一人で遊ぶのももちろん楽しいでしょうが、やはり同じストライダー乗りが集まってわいわいがやがや、競争なんてしたいりして遊ぶのが本当の楽しみ方でしょう。

ストライダーの本部やムラサキスポーツなどが各地でイベントや大会などを開いているようですが、地元ではなかなかそういう機会は多くなさそうです。

ストライダー公式イベント

自主的に、ストライダーに乗っている親子がサークルなどを作って、一緒に練習などをしていたりする場合もあるようです。

一人、知り合いでストライダーを使って遊んでいる親子を見つけたので、とりあえずは彼らと遊ぶとして、もっとアクティブに楽しむなら、SNSなどを使って練習会の実施を呼びかけるのも面白そうです。

こういった大勢で集まって遊ぶ場合、持っているバイクが「ストライダー」でないとやはり気まずいでしょう。

ストライダーのイベントに、ストライダーではないバイクで参加はできるかわかりませんが(公式大会などは無理でしょう。練習イベントとかならいけるかも?)、どちらにしろみんながストライダーに乗っているのだから、うちの子もストライダーに乗せたあげたいです。

ロードスターが大好きな人達が集まる集会にRX7で来たら、やっぱり「なんで?」と思われるでしょうからね。

僕は「人と同じこと」が嫌いな天邪鬼タイプですが、今回ばかりは王道のストライダーにしたいと思います。

どのモデルのストライダーを買うのか悩む

ストライダーは基本的には3種類あります。

廉価版のクラシックモデル

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) クラシックモデル レッド 日本正規品

標準仕様のスポーツモデル

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) スポーツモデル レッド 日本正規品

特別仕様のストライダープロ

キッズ用ランニングバイク STRIDER PRO ストライダー プロ

基本的にはスポーツモデルを買うのが良いと思います。

スポーツモデルは、バーに危険防止のクッションがついていたり、サドルが2本ついていて、成長しても使えるようになっていたりと、標準的なセットになっていて、値段の差を考えてもクラシックモデルを買う理由はありません。

問題は、ストライダープロです。

アルミフレームのシルバーボディは2.5kgで、スポーツモデルの2.9kgに比べると軽く、小さい幼児でも扱いやすくなっています。

しかし、以前のストライダープロは2.2kgで、スポーツモデルと大きな差があったのですが、現行モデルは2.5kgになり、あまり差がなくなってしまいました。

そのため、あまりメリットが感じられないというのが本音です。

値段も高いですし、無理してストライダープロを買う必要もないのかなと感じます。

どの色のストライダーを買うのか悩む

ストライダースポーツモデルは全7色。

これは悩みます。

僕としては、アントラーズサポーターなので迷わず「レッド」といいたいところですが、レッドは使っている子も多そうなので悩みます。

Amazonのランキングで比較してみると。

人気ランキング1位 レッド 1999位

人気ランキング2位 イエロー 2550位

人気ランキング3位 オレンジ 3243位

人気ランキング4位 ブラック 4517位

人気ランキング5位 ピンク 5128位

人気ランキング6位 ブルー 7116位

人気ランキング7位 グリーン 28808位

となりました。

やはり一位はレッドですね。

女の子には絶対的人気がありそうなピンクの順位が低いのが以外です。

息子に意見を聞けないので、妻に聞いてみた所、

「ブルーとブラックとグリーンはいやだ」とのこと。

男の子なのでピンクも除外するとなると、レッド、イエロー、オレンジが残ります。

二人目も考えているので、もし女の子だった場合、おさがりで使うということも考えられるのでそれも考慮して、

我が家のストライダーは「イエロー」に決定しました。

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) スポーツモデル イエロー 日本正規品

近所のイオンで実物を見たところ、鮮やかで非常にいい感じの黄色でした。

黄色と黒のツートンがドルトムントみたいで素敵です(阪神タイガースともいう)。

ちなみにストライダーは正規品と並行輸入品がありますが、正規品でないとサポートを受けられなかったり、大会に出られなかったりすることがあるので、必ず正規品を買いましょう。

ストライダーは基本的に値引きして売られることはありませんので、諦めて定価で買いましょう。

安全のためにはストライダー用ヘルメットも肝心だ

ストライダーに乗る時には、安全のためにヘルメットをつけることが義務付けられています。

かなりのスピードが出ますので、大事な頭はしっかり守らなければなりません。

選ぶ基準は

  • 安全規格に適合したとにかく安心できるもの
  • 本体が軽く、首に負担がかからないもの
  • デザインがカッコいいもの

といったところですね。

まずは、子供が安全に遊べることが一番です。

また、2歳時の場合は、しっかりとかぶれるようXSサイズなど小さいサイズがあることも重要です。

デザインは最高に良いが高価なナットケース

ストライダーの公式サイトでも紹介されているNutcase(ナットケース)というブランドのヘルメット。

軽量でカタチもデザインもカッコいいのですが、8000円代と高いのがネックです。

15000円のストライダーを買って、さらに8000円のヘルメットとなると家計が心配です。

手頃な値段で安全性も高いブリヂストン

次に候補にあがったのがブリヂストンの自転車用ヘルメット。

デザインも無難で、カタチも良し。少し重いのが難ですが、最終候補として考えられる良品です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 幼児用ヘルメット colon(コロン) イエローグリーン CHCH4652 B371252YG

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 子供用ヘルメット グランドメット ブラック CHGM4653 B371562BL

値段も2〜3000円台と手頃で良いのですが、やはりちょっと重いのと、色の面でなかなか決め手がなく、非常に悩みました。

色などで気に入るものがあれば、即決できるモデルだと思います。

ブルーレインボー キッズヘルメット

幼児・子供用 自転車ヘルメット 虹 ブルー 6歳以上 CH-2

最終的に選んだのは、こちらのキッズヘルメット。

デザインもなかなか個性的で、300gと軽いのが良いです。

2歳の子供にかぶせることができるというレビューもありましたし、成長途中で買い換えることも視野に入れておけば、最初はこれでも良いかという半ば「選び疲れ」の感はありましたが、無事にヘルメットが決まりました。

怪我防止に必須のプロテクター

ヘルメット同様、ひじとひざを守るプロテクターも必須です。
タイプとしては、マジックテープで装着するタイプと、サポーターのように一度、腕や足に通してからマジックテープで固定するタイプの二つがあります。
前者のおすすめは、ストライダー公式グッズのプロテクター。

ストライダーオプションパーツ ライダーズエルボー&ニーパッドセット


後者のおすすめは、スケートボード用のこちら。

GOSK8 プロテクター 3点セット ブラック/ ライム XS

問題は2歳児の小さな腕や足にしっかりとりつけらるかということ。レビューを見ると、大丈夫という声もあれば、大きすぎるというのもあるのですが、ストライダー公式プロテクターは実物を見た感じでは、「まあ大丈夫かな」といったところ。
サポータータイプのプロテクターは、夏暑そうなのと、着脱する時に靴を脱がなければならないという点がネックなので却下。

このプロテクターは、ヘルメット以上につけてくれるかどうか分からないので、買うかどうか迷うところですが、怪我防止のためには必要なものなので、とりあえず買っておいた方が無難です。

他にグローブもありますが、これはまだよいかもしれません。
おいおい必要になったら公式グッズのグローブを買うことにします。

ストライダー ライダーズ フィンガーレスグローブ(スモール)

プレゼント③ レゴデュプロ「かずあそびトレイン」で色と数字を覚える

レゴ(LEGO)デュプロ はじめてのデュプロ(R) "かずあそびトレイン" 10847

最後に登場するのが、弟夫婦にプレゼントしてもらうことにしたレゴデュプロトレイン。
トミカ同様、息子が好きなのが「ポッポ」。
一応、プラレールの基本セットと電車も一両持っているのですが、こちらはトミカより高度なのか、いまいち気合いを入れて遊びません。
ただし「ポッポ」は好き。
もらいものですが、木の電車のおもちゃがあり、息子のお気に入りでもあります。

子供の知育としては立体パズルはとても良いそうで、マグネット型のパズルは1歳の時から遊んでいます。
ブロックも立体パズルといえば、そうも言えるので、自分でいろいろと考えながら組み合わせられるのは素敵です。
必ずしもレゴでなくても良いのですが、今回はブロックによる立体パズルに加えて、「数字と色を覚える」という効果も期待してこちらのおもちゃを選びました。

0から9までの数字が、それぞれ違う色のブロックに描かれています。

カラフルで楽しそうですし、親と一緒に遊びながら数字や色が覚えられたらよいですね。
やはり、こういった遊びの中から自然と、スムーズに色やら数字やらを覚えられるのが一番だと思います。

息子よ、勝手に大きくなあれ。

以上、2歳になる息子にプレゼントするものをそろえてみました。
誕生会の時に、息子がどんな顔をして喜んでくれるかが今から楽しみです。

プレゼントを息子が実際遊んでみてどうだったか、事後報告レポートは、また更新したいと思います。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン