足の裏のコリを優しくほぐすオムロンの激安フットマッサージ機

オムロン フットマッサージャ HM-240

現代日本人は総じて疲れている。たまにはコリをほぐしてリフレッシュせねば命がもたん!

そう嘆いている方は多いでしょう。

かといって、わざわざマッサージに通うかというと、「面倒、お金かかる、本当に効果あるの?」の3大障壁が立ちはだかり、結局何も変わらない悪循環の無限ループに陥ってしまう。

ならば、少なくとも手軽に自宅でなんとなーくリラクゼーションできる機会を増やす方がメリットは多そうだ。

そこで登場するのが、足の裏のコリを優しくほぐしてくれるオムロンの人気フットマッサージ機「hmー240」である。

こちらもともと小生が細君の日頃の労をねぎらおうと購入したプレゼントであるが、そろそろ気になり出した母の日のプレゼントにも最適なマッサージマシンなのだ。

スポンサーリンク
アドセンス大

電源を入れる、足をつっこむ、ボタンを押す。ただそれだけのシンプル設計

hm-240は、マンタを下から見たときの口のような形をしている。

使い方は簡単でこの中に両足をそろえて入れ、電源を差し込み、ボタンを押すだけ。

するとモミ玉がういんういんと回転し足裏を適度に刺激してくれる。

ご存知の通り、足の裏というのは、人間の健康を司るツボの宝庫。

足裏を適度にマッサージしてほぐすことで、様々な身体の部分、臓器に良い影響があるというのは東洋医学の世界では常識である。

ポイントは、「足をつかって絶好のもみもみスポットを探す」こと

オムロン フットマッサージャ HM-240

足を入れたら、スイッチオン。

モミ玉が動き出す。はじめはくすぐったいが、すぐに慣れる。

ちなみにモミ玉は15分経つと自然と動かなくなるので、寝てしまっても安心だ。

ポイントは、「気持ちよいところを探し自分で足を動かす」ということ。

モミ玉は同じ所をいったり来たりするだけで「あっ、そこそこ」と教えたところで対応しちゃあくれない。

ならば自分で動くしかないということで、足の位置を替えて、自分にとって最高のもみもみスポットを探し当てるのだ。

デスクワークの人は、机の下においてスリッパ代わりにするのも便利

このhm−240は、ヒーターボタンがついていて、中があたたかくなる。

机の下においてデスクワークをする際は、そこに足を入れておけば、スリッパをはいているよりあたたかいだろう。

そして、時を見て、上司同僚の目を盗み、もみもみに励む。

その際、モミモミの駆動音をかき消すため、大声で電話をしたり、ものすごい早さでキーボードを叩くことをおすすめする。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン