0歳から2歳までに赤ちゃんがめっちゃ遊んだおすすめおもちゃリスト

P1160792

スポンサーリンク
アドセンス大

赤ちゃんがよく遊んでくれるおすすめのおもちゃ

我が息子が生まれてから1歳半頃までにガツガツ遊んでくれたおすすめおもちゃをご紹介します。

【2ヶ月】家事をする時間を作る6WAYジムにへんしんメリー

P1160792

我が子が2ヶ月をすぎた頃に購入した6WAYジムにへんしんメリーが、未だに大活躍である。

6つの形に変形し、長く使えるメリー

P1160791

このメリーは、さまざまな形態にトランスフォームし、その年代に合わせた楽しみ方ができるという、長ーく使える優れものである。

現在は、主に上を向いて寝ている状態で楽しめるよう、プーさんやらティガーやらのおなじみのディズニーキャラクターが軽快な音楽にのって、くるくると回る。

これが非常に効くのである。

「用事を済ませる30分」を作り出すマシーン

息子を回っているメリーの下に置くと、彼は大興奮で足をバタつかせながら、回っている人形を目で追っている。
このメリーは、「貴重な30分」を大人たちが得るためには最高のアイテムだ。
ちょっと台所で仕事をしたい、洗濯物を干したいなど、一人で育児をしている時は、当たり前のことができないことが当たり前だ。
しかし、このメリーに子供が夢中になっている間であれば、ある程度自由に時間を使うことができる。
長くても30分程度でやはり飽きてくるので、それほど長い時間は確保できないが、何か細々とした用事を済ませるには十分である。

P1160794

4ヶ月になった息子は、小生の膝の上に座り、今度は人形をむんずとつかみハムハムをしだした。
本格的に一人でお座りができるようになったら、メリーをトランスフォームして月齢にあった遊び方ができるようにしてやろうと思っている。

P1160797

商品自体は安定感があり、倒れるようなことはない。

組み立てにネジなどは使用していないので、あやまって部品を飲んでしまうといった事故も起こらないように考えられている。

Amazonで6WAYジムにへんしんメリーを購入したが、マーケットプレイス内でAmazonが直接販売しているものの方が安いので、そちらから購入することをおすすめする。ただ、人気商品のため、取り寄せになっている場合もあるので、注文はお早めに。

【6ヶ月】カシャカシャ系おもちゃ「頭と体の発達を促す ダイナミック体操」

ノンキャラ良品シリーズ 頭と体の発達を促す ダイナミック体操 頭と体の発達を促す ダイナミック体操を息子に与えてみた!

ついにハーフバースデーを迎え、いよいよハイハイしそうな勢いの我が息子。

最近は知人からお下がりのおもちゃをもらう機会が多く、おもちゃ箱の中身は増えるばかりである。

赤ん坊は赤ん坊なりに好みというのがあるらしく、よく遊びおもちゃ、あまり興味をしめさないおもちゃと別れる傾向にある。

その中でも、おもちゃでもないのに大人気なのが、「チラシやビニール袋」といったいわゆる「カシャカシャ系」である。

カシャカシャはママのお腹の中の音?

赤ちゃんはたいていカシャカシャと音のなるものが大好きのようだが、これはママのお腹の中で聞いていた音と同じであるらしい。

カシャカシャの代名詞といえば、紙のチラシやビニール袋だが、紙類はなめているうちにちぎれてしまうので危ない。ビニール袋も素材から何か有害なものが染出したらと考えると、どうもよろしくない。

そこで、安心してハムハムできる「カシャカシャおもちゃ」として白羽の矢が立ったのが、頭と体の発達を促す ダイナミック体操である。

ダイナミック体操でダイナミックに遊ぶ

さっそく購入した ダイナミック体操を息子に与えてみると、まずはキンキラりんな表面に驚きの表情。

しかし、カシャカシャという音を聞くや、獲物を見つけたオオカミのように両手で握ってかぶりついた。

ダイナミック体操をつかんでは、くしゃくしゃにしてぶんぶん振り回し、バシバシ叩いては放り投げる。その繰り返し。

なぜかダイナミック体操で遊ぶときは、リアクションが激しい。いや激し過ぎる…

ママのお腹の中の音でリラックスしているというよりは、何かの攻撃的感情すら感じさせる激しさに「どうした息子よ」と心配になる新米パパであった。

【6ヶ月】コンビ「光るにぎやかドラム」

P1180451

同じマンションに住む、幼稚園児の男の子を持つご家族が近く引っ越すことになり、ありがたいことに使っていないおもちゃをくださることになりました。いただいたおもちゃの中にあったコンビの光るにぎやかドラムが息子の中で大ヒットとなり、今日も元気に遊んでおります。

6ヶ月を過ぎ、音の出る「リズム系おもちゃ」に反応

我が息子もハーフバースデーを過ぎ、いよいよハイハイやおすわりの片鱗が見え始めた今日この頃、以前にいただいたおもちゃを持ち出して与えてみると、このコンビの光るにぎやかドラムに息子が食いつきました。

数日前から、うつぶせ時に床をバンバン叩く様になっていたのですが、その応用で、息子を座らせ、足の間にこのドラムを置いてやると、まるでコンガのように勢い良く叩くではないですか。

ドラムは叩かれるたびに音を発しながら光ります。

またどういう仕組みになっているのか分かりませんが、時々、リズムカルな音楽が流れ、ライトが明滅します。

息子も「自分の行動で音が鳴る、光る」というのが面白いらしく、狂った様にドラムを叩きまくっています。

うつぶせ寝の時は転がして遊ぶ

この光るにぎやかドラムの良い所は、叩かずに、転がしても音が鳴るというところ。

うちの息子は、一日の大半をうつぶせ状態で過ごす(まだズリバイまで)ので、目の前にあるドラムを片手でコロコロ転がしたり、しゃぶりついたりしながら遊んでいます。

とにかく、息子のお気に入りおもちゃのようです。

もらったおもちゃでこれだけ遊んでくれると、親としては「ラッキー♪」と思わずに入られませんな。

【10ヶ月】トイザらスのライドオンウォーカーであんよの練習

P1190746

ジジババからちょっと早いクリスマスプレゼントとして10か月の息子がもらったのはトイザらスの「ライド オン ウォーカー」。様々なギミック付きで、あんよの練習だけでなく、普段使いの遊び道具としても重宝しています。

あんよの練習にも使える全部乗せおもちゃ

早めのクリスマスということで、息子へのプレゼントとしてリクエストしたのが、このブルーイン 2in1 ライド オン ウォーカーです。

P1190746

ものすごい存在感です。

息子よりでかいですね。

とにかくいろいろなものがどっさりついているので、

最近ボタンを押して音を鳴らすことが大好きな息子にとってはヨダレがたれちゃうくらい最高のおもちゃです。

P1190747

家にあるおもちゃにも飽きてきたので、なかなか良いタイミングでやってきました。

このブルーイン 2in1 ライド オン ウォーカーをプレゼントに選んだのは、つかまり立ちを完璧にマスターした息子の次のステップとして「あんよの練習になれば」と思ったからです。

P1190749

背面はこんな感じで、幼児がひとりすっぽりと入るくらいの大きさ。

ここに潜り込んでハンドルを持ち、えっちらおっちら前に進むわけです。

しかし、そのままだとタイヤにストッパーがないので、このブルーイン 2in1 ライド オン ウォーカーだけ前に行ってしまい、息子は前のめりに倒れるという悲劇が起こるので、

最初は、後輪をロックしておいて、回るのではなく「すべる」ような形にしておいた方が安全かもしれません。

P1190748

このブルーイン 2in1 ライド オン ウォーカーの良いところは、月齢に合わせて遊び方を変えられること。

無事にあんよができるようになったあかつきには、

トランスフォームして乗り物になります。

403755300EL

こんな感じ。

今度はこれにまたがって、えっちらおっちら動き回ることになります。

息子もすっかり気に入っていますし、長く遊べそうなので非常にお買い得でした。

といっても、小生は一円も出しておりませんが。

【1歳】ものまねぬいぐるみ「こえマネ ワンちゃん」

P1020983

何を隠そう、うちの息子が最初にしゃべった言葉が「わんわん」である。向かいのお宅で飼われていたワンちゃんを指差して放った言葉であり、それ以降、息子のわんわん好きは変わっていない。

しかし、お迎えのワンちゃんが亡くなってしまったのか、突然いなくなってしまったので、息子はなんだかさみしそう。

という訳で、代わりに犬を飼ってやることは出来ないので、ぬいぐるみを買ってやろうという父親の勝手な試みを実践してみた。(細君には内緒なので、後で怒らえる可能性あり!)

ものまねぬいぐるみ「こえマネ ワンちゃん」

犬のおもちゃといっても、ただのぬいぐるみでは面白くないということで、動く犬のおもちゃにしようと思った。

最初に頭に浮かんだのが、昔からある、ちょっと歩いてはキャンキャンないて、しっぽをふるあいつである。

こいつらは確かにきゃわいい。

鳴き声が犬の声ではないのでは?という悲しい現実はあるが、小さなぬいぐるみが健気に歩いている姿は人の心を打ち、自然と涙が流れてくる。

最近は動くおもちゃ(ブルドーザー)などに興味津々なので、こいつは良さそうだと思ったのだが、息子のことだから動いているワンコをむんずと押さえつけて破壊しかねない。

そうなると、ワンコの方がかわいそうだということで、一時保留にした。

次に見つけたのがこいつである。

何だか、テレビ番組で紹介をされて大人気になったアクショントイだとか。

こちらもかわいらしいワンコのぬいぐるみに話しかけると、それを瞬時に録音してオウム返しをしてくれるというぬいぐるみである。

つまり「ワンワン」と話しかければ「ワンワン」と応える。

「なんじゃこりゃあ、なめとんのか?」と脅せば、きっちり「なんじゃこりゃあ、なめとんのか?」と脅し返してくる律儀な奴である。

さて、どちらにしたものかと悩んでいたが、

頭の中でシミュレーションした結果、「こえマネ ワンちゃん」の方が喜びそうだという結論に達した。

こえマネ ワンちゃんがやってきた

P1020981

で、やってきた。

プライム会員なので翌日には間違いなく届く。便利な時代である。

P1020982

喋りかけると、言葉を返し、それに応じて、しゃきしゃきと動くという。

実際の動画がアップされていたのでこちらをどうぞ。

とまあ、意外としっかりした声で返答してくれるので驚きである。

P1020983

なんとも愛らしい顔。思わず抱きしめたくなるかわゆさである。

P1020985

この丸みを帯びた哀愁ある背中がたまらないという女子が急増中らしい。

P1020984

必要なのは単4の乾電池3本。

激しく使うと消耗も激しいようなので、たくさん買っておいた方が良いかも。

息子(1歳4ヶ月)VS こえマネ ワンちゃん

いよいよ、わんちゃんと息子の対面である。

息子が保育園から帰ってくるタイミングで、リビングのテーブルの上に電源を入れた「こえマネ ワンちゃん」をおいておいた。

帰ってきた息子が勢い良くリビングに入ってきて、お気に入りのブロックに手を伸ばしかけた時、はたと気づいたテーブルの上にいる一匹のワンコ。

固まる息子、しばし息子とワンコのにらみ合いが続く。

「オチョ」(息子はなぜか、オチョ語なる独自の言語をしゃべる)

と息子が第一声を放つと、なんと「こえマネ ワンちゃん」も「オチョ」と返すではないか!

これに驚きつつ興味を惹かれた息子は恐る恐る近づいて「こえマネ ワンちゃん」を両手でわしづかみ!

それはまるで人類を襲う巨人の如し!

掴まれたワンコは、息子の発するオチョ語に合わせて、返答とダンスを繰り返す。

息子はその動きに興奮し、さらにその興奮が「こえマネ ワンちゃん」を激しく揺さぶる。

という終わりなきループにはまってしまったのだが、とにかく息子は「こえマネ ワンちゃん」が気に入ったらしく。

その夜は寝床まで持っていく気になっていたので、なんとか騙し透かして眠らせたのだった。

ワンワンが好き、もしくは動いたり、音の出るおもちゃに興味がでてきたお子様にはうってつけの商品である。

ものまねぬいぐるみ こえマネ ワンちゃん

Amazonで購入→ものまねぬいぐるみ こえマネ ワンちゃん

【1歳2ヶ月〜】トミカとプラレール

突如、車と電車に目覚めた息子は、甥っ子のお下がりでもらったトミカでガツガツ遊びだしました。

やはり男の子、車や電車は鉄板のようです。

トミカ №079 トヨタ ハイメディック救急車 (箱)

やはり最初は救急車や消防車といった派手な特殊車輌から興味が始まり、

その後、黄色いブルドーザーやショベルカーなどの工事車両ブームが。

トミカ №9 コマツ 油圧ショベル PC200-10型 (箱)

リサイクルショップでトミカのおでかけ立体マップを購入して広げてみると、その上でトミカを縦横無尽に走らせて遊ぶようになりました。

トミカ おでかけ立体マップ

まだまだつづく。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン