安い、おいしいコーヒーメーカー ES (エズ) が絶対的におすすめです。

P1190366

最近は、その健康効果にも注目され、コンビニでも熾烈な争いが行われているコーヒーですが、やっぱりお家で美味しいコーヒーが飲めるのは最高です。我が家で使っているコーヒーメーカー「メリタのES(エズ)」は安いのに美味しいコーヒーが飲めると評判ですこぶるおすすめです。

スポンサーリンク
アドセンス大

メリタのES(エズ)は安いのに最強コーヒーメーカー

人気コーヒーメーカー美味しい順ランキングベスト5【2015】
コーヒーメーカーの人気ランキングベスト5を発表。サードウェーブコーヒーの出現によってさらに活況となっている日本コーヒー界ですが、低価格で高品質・高機能なコーヒーメーカーなども各メーカーから出そ...

↑こちらの記事でもご紹介したおすすめコーヒーメーカーのランキング一位・メリタ コーヒーメーカー ES (エズ) SKG56Tは、

3000円を切る安さとシンプル構造であるにも関わらず、コーヒー豆のうまみや風味をしっかりと引き出してくれるすぐれものコーヒーメーカーなのです。

家電量販店に行きますと、さまざまなコーヒーメーカーがあり、値段もまちまちですが、

おそらくこのESは最安の部類に入る商品だと思います。

しかし、能力は折り紙付きで、しっかりとコーヒーの味が楽しめるベーシックで飲みやすい一杯を手軽に提供してくれます。

P1190367

コーヒーメーカー・メリタの特徴である一つ穴抽出。

機構は簡単で、ペーパーを入れたドリッパー部分をセットして、後は機械的にお湯を注いでいくだけなのですが

おそらくそこにもポイントがあるのでしょう。

コーヒーを美味しく飲むためには、お湯の注ぎ方やタイミングも重要です。

P1190372

この蓋を開けるとドリッパーがあります。

ドリッパーは取り外し可能なので、掃除も簡単。

P1190371

後ろから出ている腕のようなものからお湯が出てきます。

構造はいたってシンプルです。

P1190369

あまりにも気に入ったので、自宅用と実家用と2台買ってしまいました。

amazonで3000円を切っていますので、非常にお手頃です。

安かろうまずかろうではなく、「安かろう、うまかろう」なのですから

買わない理由がありません。

2人以上はESを使い、独りで楽しむならハンドドリップ

P1190641

細君と食後のコーヒーを楽しんだり、お客様に出したりするときはESを利用し、

一人でコーヒーを1杯だけ作って飲むときは、ハンドドリップを利用しています。

マグカップにドリッパーをおいてお湯を注げば一人分が簡単に淹れられますので、そういう場合はハンドドリップは重宝しますね。

使っているのはこのドリッパーです。

電動クリーマーで簡単カプチーノ

カプチーノなどがお好きなら、このクリーマーがおすすめです。

http://shikawo.com/coffe-milk/

このクリーマーも安いのに、非常に使い勝手が良い。

専用容器が付いているだけでこんなに便利なのか!と感動します。

電動ミルがおすすめ。コーヒーは豆から淹れるとさらに美味い!

P1010827

これまで手動ミルを使ってコーヒー豆をひいていましたが、ようやく電動ミルを手に入れました。ワンプッシュで豆が望み通りの粗さにひけるというこの手軽さはやめられません。さっとひいて、さっと淹れる。バラ色コーヒータイムがついに実現されました。

コーヒー豆をひくなら電動ミルがお手軽

コーヒーの粉は、豆で買ってきたり、中びきでひいてもらって買ったりいろいろですが、

やはり豆の状態からひいて、それを使って淹れた珈琲というのは格別です。

P1190641

これまで大学生の時に買った手動ミルを使っていました。

もちろん悪くはないのですが、ひいている最中に豆のカスがぴょんぴょん飛んだり、もの自体が大きくてかさばったりとマイナス面もあったので、

「ここはひとつ」と電動ミル導入に踏み切りました。

選んだのはこちら。

とにかくシンプルに「豆が粉になる機能」だけが付いていれば良いのです。

P1010823

愛用しているコーヒーメーカーと並べるとこんな感じです。

同じブラックのバディが兄弟のようですが、同じメリタ製なので当然といえば当然かもしれません。

使い方は簡単ワンプッシュで超絶簡単

P1010825

使い方は簡単です。

淹れるコーヒーの量に合わせて豆を計測し、上のふたをあけて、↑ここに豆を投入。

P1010827

ふたを戻して、コンセントを入れ、このボタンを押すだけです。

あとはギュイーンと勝手に豆をひいてくれます。

ちなみに、豆の量と目安はこのような感じ。

粗挽き 20g(約2杯)約5秒 / 30g(約3杯)約6秒
中挽き 20g(約2杯)約7秒 / 30g(約3杯)約9秒
細挽き 20g(約2杯)約10秒 / 30g(約3杯)約12秒

参照:WALTSオンラインショップ

コーヒーメーカーの場合、たいてい中挽きで問題ありません。

グイーンと10秒ボタンを押すだけで、ふわっと美味しそうなコーヒーの匂いが漂ってきます。

このミルクスキーマーがまた優秀で、あわあわミルクを作るのに重宝しています。

P1190652

完成しました。

あとは飲むのみ、楽しむのみ。

参考にしたコーヒー本

神紅堂書店はコーヒーが割と好きです!

Facebook・Twitterで更新情報発信中です!


神紅堂書店facebookページはこちら

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン