飲食店さんは食べログに頼らずJimdo(ジンドゥー)で自前のホームページを作成しよう!

2957814d542011b580346a92cc201ad8_s

スポンサーリンク
アドセンス大

美味しいものを食べられる飲食店さん、ホームページ作ってください!

僕は別に美食家ではありませんが、美味しいものは大好きです。

様々な情報ツールを駆使して、美味しいお店を見つけるのが趣味みたいなもので。特に、あまり知られていないような個人の洋食店やイタリアンなどを捜し当てるとるとうれしくて小躍りします。
子供が産まれてからは、なかなか美味しいお店めぐりもできませんが、かつては、車と電車を乗り継いで都会に出て、孤独のグルメで紹介された毛沢東スペアリブやオックステールスープなど、美味なる一皿を堪能していました。

【孤独のグルメ】青山シャンウェイの毛沢東スペアリブと雛鳥のネギ醤油を新丸ビルで食す。

【孤独のグルメ】阿佐ヶ谷ハワイアンカフェ「ヨーホーズ カフェ ラナイ」のオックステールスープ

お店を探すのは食べログなどネット検索が主流

スクリーンショット 2017-02-10 16.31.23

参照:食べログ

隠れた名店の探し方としては、地域発行のフリーペーパーを見たり、ネットで検索したりというのがやはりメインとなります。
ネットでレストラン探しといえば、食べログですね。
たくさんのお店が掲載されているというデータベースとして、一つの指標として、食べログは非常に便利ですが、その情報が絶対かといえばそうは言えません。
そこに掲載されているレビューはあくまでも個人の感想であり、その内容にあまりにも左右されると、自分が見えなくなるという欠点があります。
お店オフィシャルの情報ではないので、微妙に違っていたり、よくわからなかったりということもあります。
星の数だけで判断して痛い目にあうことも多々。星が多くて期待していったらたいしたことなかったり、星がなくても言ってみたら最高に美味しかったり。
玉石混合のネット情報ですから、集めるのは重要ですが、その真偽を判断する目を養わなければなりません。

オフィシャルホームページの信頼性は高い

209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s

ネットにいつの間にかお店の情報が掲載される。
たとえば食べログに載ったり、個人ブロガーにレビュー記事を書かれたりといったものですが、プラスに左右する時もあれば、マイナスの時もあります。
それもまたネット社会の特徴てもありますが、間違った情報だけが拡散されないようにするには、やはり「お店自身が作成したオリジナルのホームページ」が存在していることが重要だと思います。
つまり「信頼性の高いオフィシャルの情報源」ということですね。

これだけパソコンやスマホが普及しましたので、ホームページを持っているお店もかなり増えてきましたが、僕の住む地方都市では、まだ半分のお店が独自のホームページをもっていない状況だと思います。
無料ブログやフェイスブックページ、食べログなどで代用している場合も多いですが、きちんと情報が整理された「ホームページ」という基本があることは、わかりやすさと信頼性という点で、非常に大きいです。

たとえばメニューと値段。
お店を探している時、どんなメニューがどんな値段で食べられるのかは気になりますよね。
食べログにもユーザーが撮影したメニュー写真などが載っていますが、非常にわかりづらいのは否めません。写真が古い場合もあり、現行のものとは異なるということもあるでしょう。
お店を探している側としては、困ります。

情報を整理したお客様の役に立つホームページが集客につながる

987879e1f28f28c8186bd5d587d864a9_s

そういった状況を解決するためには、レストランや飲食店、カフェがしっかりと独自のオリジナルホームページを作成して、自ら整理された情報を発信することだと思います。
ホームページの中に「メニュー」として、現状提供しているメニューを写真入りで紹介する。値段と一口コメントなどあれば最高です。
ランチやセットメニューのバリエーションもあるでしょう。
それも整理してわかりやすくしておく。
それだけで、食べにいく側としては非常に分かりやすく、安心して「このお店にいってみよう」と思えるものです。
お客さんのためになることは、お店のためにもなるということです。
分かりやすく情報がまとめられたお店のホームページを用意することで、それを見た人が多く来店してくれるようになれば、当然、お店の利益にもなります。
ホームページは、「集客のためのツール」ですので、正しく手を加えてやれば、それを作った労力やお金に見合うだけの成果を出してくれるはずです。

ホームページは自分たちで管理・運営する時代

さて、お店のホームページを作ろうと思ったとき、ホームページ制作会社に依頼をするのは問題ありません。デザインや構成のクオリティを考えれば、その部分をプロに任せるのは得策でしょう。
しかし、ホームページが完成してからの管理・更新・運営は、ホームページ制作会社に委託するのではなく、自分たちで行うことにしましょう。

ホームページ制作会社は、管理運営費用として月数千円から数万円で、ホームページの管理・更新・運営を代行してくれます。
しかし、内容を変更するためには、結局、自分たちで写真や文章を用意して、依頼をしなければなりません。
そうなると結局、本業が忙しくてまったく更新できない、ホームページ制作会社には何もしてもらっていないのにお金だけ払っているという悪循環が生まれます。
そういった無駄な出費を避け、さらにスピード感を持ってホームページを運営していくためには、「自分たちでホームページを運営する」ことが一番です。

素人でも管理更新ができるJIMDO(シンドゥー)を使う

スクリーンショット 2017-02-10 16.34.55

参照:Jimdo(シンドゥー)

しかし、通常のプログラミング言語を用いたホームページを素人が扱うのは難しいです。
ならば、「素人でも簡単に管理・運営ができるホームページシステム」を使ってホームページを作成するば良いのです。
そういったシステムはいくつかありますが、絶対的におすすめなのがJimdo(シンドゥー)です。

★簡単にホームページ作成・更新ができるJimdoはこちら

ブロックを積み上げる感覚でホームページを作成する

スクリーンショット 2017-02-10 16.36.41

★jimdoの編集画面の一部。上記のような項目がボタン一つ、クリック一つでページにレイアウトできます。

Jimdo(シンドゥー)は、ブログのような感覚でホームページを管理・更新・運営できるホームページ作成システムです。
基本的なテンプレートから、デザインを選び、文字や写真といった項目を「ブロックを上から積み重ねる感覚」で配置していきます。
ホームページは基本的に「文章と写真・画像」でできあがっていますので、その二つがバランスよくレイアウトできれば、問題ないのです。

文章、画像以外にも、YouTubeの動画を埋め込んだり、TwitterやフェイスブックなどのSNSと連携したりといった作業がボタン一つで可能です。
項目の追加やページの追加は、与えられたサーバー容量を越えない限り無制限。容量を越えるということはほぼありませんので、心配はいりません。
ボタンや問い合わせフォームなどホームページ作成に必要なものは、ほぼすべて、一通りそろっていますので、他に用意するものは、使用する写真や文章くらいのものです。

JIMDO(シンドゥー)は検索でしっかり表示されるのか?

ebc2eebd010b12e6d93a5305c081475a_s

僕はフリーランスのクリエイターとして、お客様から依頼をうけてJimdo(シンドゥー)を利用したオリジナルホームページを50サイト以上作成しています。
ホームページの制作だけでなく、運用のお手伝いもしますが、JIMDO(シンドゥー)のSEO(エスイーオー:キーワード検索によってホームページが表示される)能力は、かなり高いと感じています。
つまり、ある特定のキーワード「○○市 イタリアン」などで検索された時に、JIMDO(シンドゥー)でしっかりと作成したホームページなら、ライバル店より上位に表示されることも不可能ではないということです。
やはり、少しでも上位に、最初のページに検索結果として表示されることは、集客を大きく左右しますので大事です。
もちろん、検索結果を上位にするためには、内容もしっかりしたサイトを作らなければなりませんし、ある程度のボリュームも必要です。
Googleに気に入られるためには、下手な小細工をするのではなく、「しっかりとお客様の役に立つホームページ」を作ることが重要です。

ビジネス用途にはJIMDO(シンドゥー)PROを使おう

スクリーンショット 2017-02-10 16.38.53

参照:Jimdo(シンドゥー)

Jimdo(シンドゥー)は無料でも使うことができますが、商売で使うとなると機能面で欠点があります。
一番大きいのは、「独自ドメイン」が使えないことです。
ドメインとはドットコムなどの文字列で表現されるホームページの住所ですが、これが独自ドメイン=世界に一つしかない文字列であることは信頼性という面でもエスイーオーの面でも、非常に重要です。

JIMDO(シンドゥー)の有料コースであるJIMDO(シンドゥー)プロであれば、年額11340円で独自ドメインを利用したホームページが作成できます。料金の中にはドメインの使用料も含まれていますので、追加料金などは必要ありません。
まず、無料コースで使い勝手などを確認した後、JIMDO(シンドゥー)プロに申し込んで本格的にサイト制作を行うのがベストかもしれません。
もちろん、やる気にみなぎっている方であれば、いきなりJIMDO(シンドゥー)プロを契約してしまって問題ありません。
ホームページの作りやすさや運営のしやすさは、僕が保証します。

スマホ用ページも自動作成してくれるのでお得

スクリーンショット 2017-02-10 16.47.07

参照:Jimdo(シンドゥー)

また、現在、インターネット検索の半分以上はスマホからのもので、ホームページもスマホ用ページを別途作成することが必須になっています。
しかし、Jimdo(シンドゥー)の場合は、パソコン用ページを作れば、勝手にスマホ用ページにも最適化して用意してくれますので、別途でスマホ用ホームページを作る必要はありません。
その点は、非常に便利ですし、見逃せないポイントです。

美味しい料理を作ることと正しい情報提供は同じ大事なお仕事

飲食店やレストランなどを経営されている方には、自分たちのお店の宣伝を食べログなどのレビューサイトだけに任せないで欲しいのです。
自分たちでしかっりと情報を整理、編集して正しい内容をお客様に知ってもらう。
それは、おいしい料理を作って提供するのと同じく、お店にとって大事な仕事だと思います。

忙しいお店の切り盛りの隙間を縫ってホームページまで運営するのは非常に大変だと思いますが、そこでの努力は必ず、お店の集客や宣伝効果としてプラスに働いてくるはずです。
ぜひ、我々、おいしいもの探検隊の大きな喜びのためにも、美味しい料理を作ってくださる飲食店のみなさまにこそ、Jimdo(シンドゥー)でホームページづくりをがんばってもらいたいものです。

よろしくお願いしまーす。

★詳細はこちらから⇒Jimdo(シンドゥー)公式ホームページ


アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン