神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

コンテンツ 映画とドラマ 本と映像

「アイアンマン」と「バットマン」の差は「アーク・リアクター」という技術力の差だ!

更新日:

映画感想レビュー

2015年6月27日にテレビ放送された映画「アイアンマン」の第一作。

この映画を観るのはこれで、5回目くらいだが、相変わらずおもしろい。

そこには、無駄を削ぎ落したアイアンマンのデザイン同様、シンプルでわかりやすい「アクションムービーの王道」を行くストーリー展開が秀逸だからであると考える。

映画「アイアンマン」のあらすじ

アメリカ随一の軍事企業である「スターク・インダストリーズ」の社長であり天才科学者のトニー・スタークは、自ら開発したミサイル「ジェリコ」をプレゼントするために訪れたアフガニスタンでテロリストに襲われ、「スターク・インダストリーズ」製のミサイルの爆風に巻き込まれて重症を負う。

トニーは、ゲリラのアジトである洞窟に拉致されるが、爆発で飛び散った破片が心臓付近に突き刺さっていて、電磁石でひきとめておかないと1週間も生きていられないという事実が発覚する。テロリストのアジトには、横流しされた自社の武器がたんまり。トニーは脅されてミサイルの製作に着手するが、同じく捕虜になっていた科学者と共に、ある「装置」の開発を始める。

トニーは、かつて自身が開発したが未完成だった強烈なエネルギーを生成する熱プラズマ反応炉「アーク・リアクター」を小型化し、自らの胸に装着して生命維持を可能にする。そして、「アーク・リアクター」と連動して作動するパワードスーツを開発し、テロリストのアジトから見事に脱出する。

無事に帰還したトニーは、突然「軍事産業からの撤退」を発表。人工知能の助けを借りながら、パワードスーツの改良版「アイアンマンマーク3」を開発し、テロリストの撲滅を一人で始める。

驚愕の秘密兵器「アーク・リアクター」とは?

男の子なら誰もが憧れる、アイアンマンのパワードスーツとギミック。

スタークが立っている周囲から、次々とアイアンマンの部品が現れ、トニーに次々と装着していくシーンな、マスクの内部で様々な表示が現れて人工知能と交信するシーンなど、(いつまでもアホ)な男たちにとっては「これ、カッケー!ちょーカッケー」と狂喜乱舞するところである。

それと同時にアイアンマンの魅力を引き上げているのが「アーク・リアクター」の存在である。

「アーク・リアクター」は、熱プラズマ反応炉という、もちろん現時点ではこの世界のどこにもない「エネルギー源」である。一見、ウルトラマンにおけるカラータイマーのようだが、この「アーク・リアクター」がないとトニー・スタークは生きていられないという点で、なまら重要な装置なのである。

アメリカンコミックのヒーローには、スターク同様、巨万の富と科学技術を背景に、ヒーローとなって悪と闘う「バットマン」がいる。彼と、アイアンマンの大きな違いは、この「アーク・リアクター」があるかどうかだろう。

バットマンは、強化スーツに身を守られてはいるが、よくも悪くも闘うのは生身の肉体である。

それに対して、アイアンマンは、「アーク・リアクター」という秘密兵器によって、マッハでの自立飛行も可能になり、手の平や胸から衝撃波を発生させることもできる。バットマンも空は飛ぶが、彼の場合は「自立飛行」ではなく「滑空」だ。

ちなみに、アークリアクターに関する以下の「ヤフー知恵袋」でのやりとりが秀逸だったので、ここにリンクを記載しておく。必見である。

ヤフー知恵袋「アイアンマンのアークリアクターって...」

ブルース・ウェインとトニー・スターク、それぞれに魅力あり、ぜひバットマンVSアイアンマンの実現を

バットマンの主人公・ブルース・ウェインは、両親が暴漢に殺されるという衝撃的な別れから始まり、様々な挫折と敗北を味わいながら、自らの肉体と精神を鍛えに鍛え抜き、バットマンになった。

対するトニー・スタークは、優秀な父親を早くに亡くしたという点はブルースと同じだが、天才的な頭脳によって大学を飛び級で卒業し、父親が残した会社に入ってからも業績は鰻上り。女遊びも絶好調で、セレブ街道驀進中というお気楽野郎である。

バットマンのブルース・ウェイン、そしてアイアンマンのトニー・スターク。

それぞれに魅力のあるヒーロなので、ぜひバットマンVSアイアンマンの実現をと思っていたら、

バットマンは、スーパーマンと闘うそうだ。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』日本版予告編

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』公式サイト

一方のアイアンマンは、「キャプテン・アメリカ3」に出演し、キャプテン・アメリカと対決するとかしないとか?

「キャプテン・アメリカ3」撮影開始!アベンジャーズ級のキャストが明らかに

どちらもそれなりに忙しいようなので、待望のバトルはもう少し先になりそうな気配である。

魅惑のアイアンマングッズ


アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-コンテンツ, 映画とドラマ, 本と映像
-, ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.