神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

おすすめ商品レビュー グルメ コラム コンテンツ

北海道限定のいろはすハスカップ味がイオンに売っていたので買ってみて、飲んでみた件

更新日:


P1170362
いろはすの北海道限定フレーバー「いろはす ハスカップ」をイオンで発見したので、早速、購入して飲んでみた。
いろはすといてば、「トマト味」で社会に衝撃を与えているだけに、ハスカップ味も油断ならない。

そもそもハスカップとは?

ハスカップは、正式には「クロミノウグイスカグラ」という名前の低木。「ハスカップ」という聞きなれない言葉は、アイヌ語の「ハシカプ」に由来していると言われている。北海道の平野部で主に栽培が行われている。

収穫時期がとても短く、そのため収穫量も少ない幻の果実。
その実は、20mmほどの直径で、非常にやわらかく、つぶれやすい。表面はブルーベリーのような青紫色で、中身は少し赤みがかっている。

ハスカップに多く含まれる栄養素は、ビタミンC、E、鉄分、カルシウム、ポリフェノール、アントシアニンなど。

特に、抗酸化作用のあるアントシアニンがブルーベリーの数十倍含まれているという研究結果があり、注目されている。

何とも言えない特徴のない味

キンキンに冷やした「いろはす ハスカップ」を飲んでみた。
一口のんで、ゴクリ。喉元を冷たい液体が過ぎ去っていく。
ぶっちゃけた話になるが、そもそもハスカップを食べたことはないので、これが「本当にハスカップの味」かどうかは定かでない。
あえて言うならば、ぶどうというマスカットというか、そういった種類の果物のさわやかでほんのりとした甘さは感じることができた。
「これ、めっちゃうまい!」と叫ぶかどうかと問われれば、もちろん叫ばないだろう。
ある意味、「よくある清涼飲料水」的な味。
ラベル裏面を見てみると、案の定「ハスカップ果汁」などは入っていないもよう。
となるとこの「いろはす ハスカップ味」は、結局何味なのだろうか?

P1170373

 

とにもかくにも、珍しいことには変わりない。

話のたねに一度飲んでみることをおすすめする。

いろはすシリーズまとめ

天然水いろはす

厳選さえた全国の7カ所で採水されている。厳しい品質管理をされた軟水なので、赤ちゃんのミルク用としても安心して使えるとのこと(メーカー発表)

いろはす炭酸水

いろはすの炭酸水バージョン。あまりにも暑い夏に甘くないシュワシュワ感を欲した日本人がウィルキンソンなど炭酸水の良さを理解し始めた事から販売された味のない炭酸水。強炭酸で一気に飲むとしゃっくりが止まらなくなる(小生だけか?)。普段、ナチュラル炭酸水のゲロルシュタイナーを愛飲しているが、この「強めの炭酸」は忘れられない。

http://shikawo.com/sparkring-water/

 

いろはす炭酸水瀬戸内れもん

いろはす炭酸水の味つきバージョン。砂糖なとも入っているので、水というより清涼飲料水か。それでも、一般の炭酸飲料よりすっきりとして飲みやすいので、水感覚でごくごくいける。

いろはす温州みかん

愛媛県産の温州みかんエキスを使用したフレーバーウォーター。このほんのりあまりさわやかさが、時折無性に欲しくなる。「オレンジ」ではなく「みかん」を使ったのがいろはすらしい魅力の一つ。
カロリーは、100ミリリットルあたり17キロカロリー。

いろはすふじりんご

長野産ふじりんごエキスをつかったすっきり系。世の中の「リンゴジュースファン」にとっては、「濃い100%りんごジュースか、すっきりさっぱりのいろはすりんごか」とコンビニで悩んでしまう原因になる張本人。
カロリーは、100ミリリットルあたり17キロカロリー。

いろはすアロエ

愛媛のみかん、長野のリンゴときて、次は沖縄のアロエだった。こちらはセブン&アイホールディングス限定商品。アロエといえば、ヨーグルトに入っているものがよく食べられるが飲み物にしてもしっかりいける。夏の暑い日に一気のみしたいさわやかさ。

カロリーは、100ミリリットルあたり17キロカロリー。

いろはすアロエを飲んでみた感想レビュー

いろはすアロエは濃い目の天然水ヨーグリーナだった件

http://shikawo.com/ilohasu-aloe/

北海道限定いろはすハスカップ

北海道限定商品でいろはすハスカップというものがあることも判明。

 

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-おすすめ商品レビュー, グルメ, コラム, コンテンツ
-,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.