docomoメールに変更+SIMフリースマホ2台持ち。FOMAのSimカードで通話とキャリアメールを実現してみた。

P1010596

激安スマートウォッチとBluetoothを使ったハンズフリー通話をしたいがために、「IIJの格安Simでデータ通信、ガラケーで通話とキャリアメール」というスタイルから「docomoメールを使ったSimフリースマホ2台持ち+キャリアメール+FOMA通話」という奇抜なスタイルに変更した男の記録です。

スポンサーリンク
アドセンス大

docomoメールに変えることで、すべては解決した!

これまでずっと、Fomaのsimカードとガラケーを使ってドコモのキャリアメール(docomo.ne.jp)と通話をして、

IIJmioの格安simとsimフリースマホを使ってデータ通信を行ってきました。

しかし、

激安スマートウォッチとBluetoothでFOMAガラケーのハンズフリーができるかやってみた<1>
FOMAのSimカードが入ったガラケーとIIJの格安Simの入ったSimフリースマホ(priori2)の2台持ちで運用していますが、なんとかガラケーの通話をスマートにハンズフリーにできないもの...

この激安スマートウォッチでBluetoothを使ったハンズフリーをやってみようなどと思ったことから、

どうしても「アンドロイドで通話をする必要性」が生じてしまい、四苦八苦していました。

そんな時に、「docomoメール」なるものが存在することを知り、驚愕した訳です。

docomoメールとSPモード(iモード)メールの違い

簡単に説明すると、従来のSPモードメールは、

メールデータを端末本体で保存して、閲覧をしていました。

そのため、機種変更をすると端末内のメールデータを新しい端末に移動する必要があった訳です。

しかし、docomoメールの場合、メールデータはネット上の「クラウド」スペースに補完されているため、

端末自体にデータを保存されることはなく、クラウド上のデータを読み込んで閲覧するというスタイルになります。

要するにGmailなどの無料メールサービスと同じです。

そのため、一つの携帯電話だけでなく、他の端末やメディアでもシステムにログインすることで使用可能になります。

docomoメールにすることでガラケー端末から脱却

つまりdocomoメールであれば、docomo.ne.jpのキャリアメールを

「Fomaカードがささったガラケーではなく、simフリースマホで送受信できる」ということです。

これが可能になれば、ついに「ガラケーの呪縛」から解き放たれることになります。

しかし、このdocomoメールの申し込みというのが意外と難儀でして、

ネット上の先駆者の皆様のお知恵を拝借して、なんとかかんとか申し込むことができました。

それは、「iPhone偽装によるドコモメール化」という手法なのですが、

こちらのブログを参考に設定することができました⇒ドコモメールアプリを使わないドコモメールへの設定方法~iPhone偽装編~

ちなみにこの手法ではFoma通信可能なスマホ端末が必要なのですが、

小生が使ったのは、こちらのdocomo L-04C

白ロムの中でも手に入りやすいのでおすすめ機種です。

docomoメール化してやりたいこと

やりたいことは以下の3点

  1. Simフリースマホ2台持ち(通話用とメール・データ通信用)
  2. Bluetoothと激安スマートウォッチでワイヤレス通話
  3. ドコモFoma Simカードによる通話とキャリアメール使用

です。

docomoメールにしたことで、

1.Simフリースマホ2台持ち(通話用とメール・データ通信用)

は可能になります。

iijmioのデータ通信専用simを入れたpriori2 でキャリアメールの送受信ができるようになりました。

P1170463

この時、docomoメールの送受信にはcosmosiaというアプリを利用しています。

スクリーンショット 2016-02-21 18.04.35

設定も簡単で、docomoメールのプッシュ通知が実現できますので、これまで通りの使い方が可能になりました。

2.Bluetoothと激安スマートウォッチでワイヤレス通話

次にやりたいことは、購入した激安スマートウォッチでBluetoothを使ったワイヤレス通話をしたいということ。

使う激安スマートウォッチはこちら。

P1010557

激安だけに当然中国製品ですが、正直デザインはかなり秀逸です。

基本はちょっと近未来チックな時計として利用もできますし、いざというときはハンズフリー通話が可能です。

このモデルは、スピーカーとマイクが内蔵されていまして、この時計に向かってしゃべる、時計から音が出るという構造です。

しかし、これがまた意外なのですが、それなりに通話音質は良いです。

きちんと通話できるレベルのクオリティは確保しています。

Bluetoothで携帯電話とつなぐ場合、どうもガラケーだとうまく行かず、やはりアンドロイドではないとダメなのだろうというところから、

今回のプロジェクトが始まった訳ですが、

アンドロイドのスマホ・L-04CにFomaのSimカードを入れ、スマートウォッチとBluetooth通信を試みた所、

今度はあっさりとつながりました。

そして、ワイヤレス通話も問題なく可能になり、これで目的は達成することができました。

しかし、L-04Cはアドロイド2.3の旧式モデルのため、何かと問題が多かったため、「通話用」として使える安価でコンパクトなSimフリースマホを探しました。

ありました!

P1010594

3.5インチという一昔前のディスプレイだからこそのコンパクトサイズ。

軽く、小さく、電池の持ちも良いけれど、しっかりアンドロイド4.4。

P1010597

高機能などいらないのです。

何分、「通話専用」ですので。

こちらのSimフリースマホについては、別の記事でしっかりご紹介しようと思いますが、

とにかく、これで「通話専用のSimフリースマホ」を手に入れることができました。

3.ドコモFoma Simカードによる通話とキャリアメール使用

ここまでくれば何の障害もありません。

P1010596

Simフリースマホのprioris(赤)にIIJmioのデータ専用Simを挿入して「ウェブ閲覧、Gmail送受信、ドコモキャリアメール(docomo.ne.jp)の送受信 など」を行います。

SimフリースマホのFXC-35には、ガラケーで使っていたFomaのSimカードを挿入し、「通話専用」端末として利用します。

その際、余計なデータ通信をしてパケット代が激増しないように設定することを忘れてはいけません。

これで、「アンドロイドのSimフリースマホを2台持ち、ドコモのキャリアメールを利用しつつ、ドコモの回線を利用して通話をし、さらにBluetoothを使って激安スマートウォッチでハンズフリー通話をする」という野望をすべて叶えることができました。

いやあ、道のりは長かった。

この計画を実行したことで

  • 家族割や長年利用している恩恵を享受したままドコモの通話・キャリアメールをスマホで利用できる
  • IIJmioの格安Simでデータ通信を継続できる
  • もう古いガラケーを利用するために中古等を物色する必要がない
  • ある程度新しい新品のSimフリースマホを利用できることで、電池の持ちも良く、使い勝手は向上

などなどのメリットがあると思われます。

priori2もFXC-35もデュアルSim仕様なのですが、残念なのは「2つのSimは切り替えて1つずつ使うことしかできず、同時に仕様ができない」ということ。

つまり、通話simとデータ専用Simを2枚入れておいても、

通話待機の時はネットがつながらず、ネットをしている時は電話はつながらないという中途半端な状態になってしまうということです。

この点が改善され、「両方同時利用OK」ということになれば、もはや2台持ちする必要もありません。

Simフリースマホひとつで、事足りることになります。

ただ、2台持ちすることで、バッテリーの状況をあまり気にせずにスマホや電話を利用できるという利点はあります。

FXC-35は通話用ですので、待受だけで利用がすくなければ、1週間くらいは充電しなくて済むのではないでしょうか?

ドコモのキャリアメールをスマホで使いたいという人には、

今回ご紹介した方法はかなり役に立つものだと思います。

ぜひともお試しください。

前回の記事⇒http://shikawo.com/handsfree-1/

【2台持ちユーザー必見の注目記事】

Moto G4 plusでガラケーFOMA通話と格安SImフリースマホ2台持ちから卒業した件
ディアルスタンバイSIMフリースマホ、moto G4 plusとZenfone3を比較してみた ガラケーと格安Simを利用した2台持ちで携帯電話を運用しているユーザーにとって、救世主とも言えるデ...

【同時待受Simフリースマホ比較】僕がZenfone3ではなくMoto G4 plusを選んだ理由。

デジモノ大好き神紅堂書店

【情熱大陸】芥川賞作家・羽田圭介氏はポメラで小説を執筆するポメラニアンだった。愛用機はDM100。

格安Simフリースマホのfreetel「priori2」はコスパ最高。IIJmioの格安Simでテザリングも可能。

ドコモのガラケーを格安中古で購入。ガラケーは買う時代から売る時代へ?

Facebook・Twitterで更新情報発信中です!

神紅堂書店をTwitterでフォロー
神紅堂書店facebookページはこちら

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン

コメント

  1. chom より:

    ドコモ回線の受信用通話、ドコモメール、SIMフリーでのネット通信という三つの条件を満たしたいのですが、そうなるとガラケーは必須になるのでしょうか?

    • シカヲ より:

      chom様
      コメントありがとうございます。
      この記事の内容も少し古くなって、状況は変わりつつあります。
      「ドコモ回線の受信用通話、ドコモメール、SIMフリーでのネット通信」となると、
      「ドコモ回線の受信用通話=ガラケー、ドコモメールとSIMフリーでのネット通信=Simフリースマホ」という2台持ちが基本となるかと思います。
      となると、やはりdocomo回線(Foma回線)用にガラケーが必要になります。(ガラケーではなくFoma通信に対応したスマホでも可能です)

      3G通信(Foma通話)ができるSimフリースマホでかつ、Simが2つ入るディアルSimの端末が多数あるのですが、残念ながら「2枚のSimを同時に使うことができない」ため、1台ですべての機能をまかなうことができません。
      しかし、世の中は変わるもので、最近になって「格安Simによるデータ通信とdocomo回線のFoma通話」を1台の端末で可能にする「同時待ち受け=デュアルスタンバイのSimフリースマホ」が登場しています。
      僕もまさにその「デュアルスタンバイスマホ」を本日手に入れたところでして、これから記事にして詳しく紹介していく予定です。
      モトローラーの「moto G4 plus」という機種を僕は購入し、1台で「格安Simによるデータ通信とdocomo回線のFoma通話」を実現する予定です。
      これを使えば、ご希望の条件を満たした上でガラケーを用意することなくデータ通信も通話も可能です。
      ご興味ありましたら、商品名で検索してみてください。

      • chom より:

        お返事ありがとうございます。
        moto G4 plusとの比較モデルとしてZenFone3というものもあるみたいですね。
        説明を見ましたが全然わかりませんでした^_^;

        moto G4 plusの記事楽しみにしています。
        よろしければZenFone3との比較についても触れていただけると幸いです。

        • シカヲ より:

          確かに、ややこしいですよね。
          わかりやすく説明できるように記事にしたいと思います。
          僕もzenfone3と悩んで、こちらを購入しましたので、
          その辺りの比較をしながらご説明したいと思います。