仕事と働き方

【開業準備】簡単ホームページ作成のグーペとJimdoの良いところ、特徴、料金などを分かりやすく比較しよう。

投稿日:

スクリーンショット 2017-02-15 10.37.36

簡単ホームページ作成のグーペとJimdoを比較してみた

企業に工場、飲食店、小売店、クリニック、美容室など、

どんなビジネスをするにもホームページを持つことは必須です。

現代人はもはや「検索しなければいられない生き物」ですから、

ホームページがあるかないか、内容がしっかりしているかどうかによって、

集客や売上、会社やお店の存続まで左右しかねないということです。

今回は、専門知識がなくても簡単にホームページを作ったり、更新、運営ができるホームページ制作サービスの代表格である

ホームページ作成サービス「グーペ」Jimdoの良いところや特徴などについて

比較してみたいと思います。

グーペとjimdo比較①ホームページ運営の費用

まず気になるのがお金のお話。

グーペを一番オトクに活用するのなら、DXプランを12ヶ月(1年)で契約するのが一番。

その場合、年額12000円が利用料になります。

jimdoの場合は、ビジネス用ホームページにおいて標準的に使われるjimdoプロ版の利用料が年額11340円。

両者もだいたい同じくらいの値段になります。

ただ、グーペは初期費用として別途3000円が必要という点を頭に入れておいてください(初期費用無料キャンペーンを良くやっているので、実質0円の場合が多い)。

 

jimdoには無料版もありますが、

ビジネス用として使用する場合は、独自ドメインでのホームページ運用が最低条件なので、

独自ドメインが使えるプロ版を利用するのがベストでしょう。

ただ、

  • 無料版でjimdoの使い心地を試す
  • 趣味やサークル活動など、ビジネスとは関係のないホームページを作りたい
  • プロ版のホームページを本体として、派生するサブホームページをたくさん作りたい

という場合は、無料版を活用するのも良いかと思います。

グーペとjimdo比較②テンプレートの種類やデザイン

グーペは400種類以上のテンプレートがあり、カラーバリエーションなども含めるとその組み合わせは4000種類にもなるそうです。

スクリーンショット 2017-02-15 10.46.55

見るとたしかにどれもオシャレ。

タブレットやスマホ用も同一のデザインで自動作成されますので、

統一感もばっちりです。

企業、飲食店、美容室、クリニックなど

各ジャンルによって合いそうなデザインがさまざまあるので、

自分の好みやイメージにあったデザインを見つけられる可能性は高いでしょう。

 

jimdoのテンプレートは約40種類。

カラーバーリエーションなど含めると100種類程度になります。

それでも、もちろん十分な数です。

 

写真を大きく使ったデザインレイアウトが多く

ビジネス、ショップ、ポートフォリオ、個人向けだどのカテゴリーに分かれています。

ページ作成の自由度が高いjimdoなので、

その分テンプレートのデザインには制約が伴っているためか、

確かにデザイン的には同じようなものが多い印象です。

しかし、コンテンツは自由に制作できるので、

写真や画像、文章をうまく組み合わせることで、

魅力的なページレイアウトを作ることは可能でしょう。

 

テンプレートそのもののデザイン性を活かして、

カッコイイホームページを作りたいという場合は、

手軽かつテンプレートの質が高いグーペをおすすめします。

グーペとjimdo比較③作成できるページ数

グーペDXは、画像や文章、メールなどホームページ作成や運用に使えるサーバー容量が5000MBとなっています。

これはかなりの容量で、普通のホームページを運営していたら、容量が足りなくなるということはありえないでしょう。

jimdoは、最大約3000ページが作成可能です。

中小企業やショップ、クリニック、美容室、カフェなどのホームページであれば、10〜20ページあれば、ほぼすべての情報を網羅できるでしょう。

頻繁に情報を更新して新規ページを作成したとしても、100ページ作るのは大変です。

それを考えれば、グーペもjimdoもページ作成数に関しては十分だと言えるでしょう

ページ数(コンテンツの量)は、SEO(検索エンジンで上位に表示される)の面でも重要な要素ですので、中身のあるお客様にとって有用なページをたくさん作って行きましょう。

 

グーペとjimdo比較④ページ階層の作りやすさ

グーペとjimdoの大きな違いは、「ページに階層を作ることができるかどうか」という点です。

例えばカフェのホームページであれば、メニュー紹介のところで、

<ランチメニュー>というページがあり、

その下に<パスタ><ハンバーグ><ワンプレート>といった

種類別のメニューを表示したい場合は、

以下のように「ページ階層」をつけてわかりやすくします。

kaisou

jimdoの場合、第三階層まで制作可能なので、上記の階層が完璧に再現できます。

作る側も整理がし易いですし、見る側のお客さんも情報がわかりやすく、探しやすいというメリットがあります。

 

対してグーペには、基本的に「階層」という概念がありません。

そのため、ほぼすべてのページが並列になってしまうため、ページをグループ分けしたり、カテゴリー分けして整理するという使い方は苦手です。

グーペとjimdo比較⑤ページ編集のしやすさ

グーペとjimdoでは、かなり作業方法が違います。

jimdoは、見出し、写真、文章といった各要素をブロックのように上から積み上げて、真っ白なページに自由にレイアウトを作っていくというスタイルです。

操作自体は、ワードのようなインターフェイスで、直感的に作業できるので、非常に簡単。

自由に、思い通りのページレイアウトを作るという点では、jimdoは非常に有効的です。

ページのコピー機能などもあり、同じレイアウトのページをコピーして、写真や文章を差し替えてページを量産するといった手法も使えます。

 

グーペはjimdoに比べると自由度は低いですが、お知らせページや問い合わせフォームなど、予め役割を設定されているページを編集するだけで、簡単にページを作成することができる手軽さが魅力です。

グーペも自由に内容を変えられるフリーページは作れますので、そこを工夫して、バリエーション豊かなページを作っていくのが良いでしょう。

グーペとjimdo比較⑥新着情報

グーペには「お知らせ」という機能が標準装備されていて、そのページに内容を書き込むだけで、新着情報として利用できます。

もちろんトップページにも自動で情報が反映されます。

スクリーンショット 2017-02-23 17.51.35

jimdoで同じことをするには、内部ブログの機能をつかうか、無料ブログなどのRSS(更新情報)を読み取って表示されるなどの工夫が必要になります。

一度ページを作ってしまえば、更新するのは新着情報くらいという場合には、グーペの機能は非常に使い勝手が良いでしょう。

グーペとjimdo比較⑦メールフォーム

jimdoはメールフォームをいくつでも、好きなところに作ることができます。

通常のお問い合わせフォームの他にも、例えば料理教室のページを作り、その下に「料理教室参加申し込み専用メールフォーム」を作るなんてことも可能です。

その方が申し込みをしたい人にとっても分かりやすいですね。

グーペは問い合わせフォームは一つしか作れませんので、その点はあまり使い勝手はよくありません。

しかし、グーぺにあってjimdoにない機能として、「自動返信メール」があります。
問い合わせフォームからメールが送信されると、自動で記入された相手のメールアドレスにサンクスメールが送信されるというものです。
メールフォームには必要な機能なのですが、jimdoメールフォームはその機能に対応していません。

代わりに、メールフォームの送信ボタンを押した後、画面に表示されるメッセージを自由に編集することができます。

グーペとjimdo比較⑧PDFダウンロード

メニュー表やチラシ、パンフレット、クーポン券などをPDFファイルにしてダウンロードしてもらいたいということもあるでしょう。
そのためには、用意したPDFファイルをアップロードできる必要があるのですが、jimdo、グーぺDXともにその機能は持っています。
jimdoは様々なファイルがアップロードできますが、グーぺは4種類のみです。

 

グーペを使うべきなのはこんな人

スクリーンショット 2017-02-15 10.37.36

グーぺをおすすめするのは、

  • 用意されている機能やページを使って手間なく簡単にページを作りたい
  • デザイン性の高いおしゃれなテンプレートを使いたい
  • 一度中身を作ったら更新は新着情報くらいだ

といった要望を持っている方。

カレンダーやお知らせ、メニューページ、クーポン、求人ページ、予約フォームなど、
ホームページに必要な機能を持ったページがあらかじめ用意されているので、それを自分用に編集することですぐにホームページが出来上がります。
とにかく手軽に、簡単におしゃれなホームページを作って運営したいという場合におすすめです。

15日間の無料お試し期間がありますので、そこで操作方法などを確かめつつ、グーペでの本格的なホームページ制作を始めてみましょう。

★グーペの詳しい情報はこちら⇒ホームページ作成サービス「グーペ」公式ホームページ

グーペの制作事例

スクリーンショット 2017-02-23 21.59.07

①グーペで作ったホームページ事例⇒まのわ整体院

スクリーンショット 2017-02-23 21.59.42

②グーペで作ったホームページ事例⇒ポモドーロ・フレスカ

 

スクリーンショット 2017-02-23 22.01.48

 

③グーペで作ったホームページ事例⇒mer-by-puur(ヘアサロン)

 

jimdoをおすすめするタイプ

スクリーンショット 2017-02-23 22.16.04

jimdoをおすすめするのは、

  • 手間をかけて、より自由度の高いホームページを作りたい
  • カスタマイズをしてオリジナルのホームページを作りたい
  • たくさんのページがあるボリュームのあるホームページを作りたい

といった要望を持っている方です。
ホームページ作成作業自体は簡単なので、慣れればすぐにページ作成、修正、更新が可能になります。
一度覚えてしまえば、あとはそれを応用するだけですので、スキルはどんどんあがっていくことでしょう。
各種SNSや動画サイト、ウェブサービスと連携することで、jimdoはより便利に活用できるホームページになります。

jimdoは利用無制限の無料版からお試しで使うことができるので、そこから練習を始めるのも良いでしょう。

すぐにホームページを制作、運用したい人は「jimdoプロ」を契約してください。

★Jimdoの詳しい情報はこちら⇒Jimdo公式ホームページ

 
 
 

-仕事と働き方
-, ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.