【仕事術】見た目は大事だが服装は?毎日同じ服を着るジョブズとザッカーバーグ。そして僕はスーツを着ない

bbd1fe407737442e0dc10348da480f30_s

成功者の中には「毎日、同じ服を着ている」という人が結構います。アップル躍進の立役者スティーブ・ジョブズ。フェイスブックでソーシャルメディアの王様となったマーク・ザッカーバーグなどです。僕は毎日同じ服を着るこだわりはありませんが、スーツは着ないと心に決めています。

スポンサーリンク
アドセンス大

成功者が毎日同じ服を着る理由は?

世界の成功者たちが「毎日同じ服を着る」興味深い理由(参照:クレイジー)という記事によると、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなどの世界を驚かせるほどの成功者の中には、「毎日同じ服を着る人」が少なくないといいます。

スティーブ・ジョブズの定番は、「黒のタートルネック、ジーンズ、スニーカー」。

アインシュタインやオバマ大統領は、毎日同じスーツ。

マークザッカーバーグはグレーのTシャツや黒のパーカー、そしてジーンズ。

彼らの服装に関する発言によると、「毎日同じ服を着る」理由は、「服を選ぶ」という「決断の機会を減らす」ということにあるようです。

彼らは皆、組織の上に立ち陣頭指揮を執り、あるいは様々な案件、業務、問題の処理に追われる、いわば「ものすんごく忙しい」人々。

彼らにとっては、他にいくらでも「重要な決断」がある訳で、「服を選ぶ」などというどうでもいい決断に時間や労力を割かれている「ばやい」ではないということなのでしょう。

小さな決断でもその数を重ねることによって大きな決断の正確性が落ちてしまうため。これは「決断疲れ」と呼ばれる心理的状態で、数々の決断により精神的な疲労が蓄積し、日々の生産性が下がってしまうことを指します。

世界の成功者たちが「毎日同じ服を着る」興味深い理由(参照:クレイジー)

決断疲れ。

今まで意識していませんでしたが、確かにあるかも知れません。

山のような仕事に忙殺されている時は、それはもう「決断」の連続です。

ああしよう、こっちはこうしよう、それはああして、これはどうしよう。

決断に次ぐ決断の連続に脳は疲弊し、体を動かしているわけでもないのに体力を奪われていく。

レストランでなかなかメニューが決まらず、やっとすべての注文を終えた時の疲労は、この「決断疲れ」なのかもしれません。

僕はスーツを着ない

僕はフリーランスという立場なので、自分の着る服は自由に選べます。

制服もありませんし、決まりもありません。

僕は毎日同じ服は着ませんが、一つだけ決めているのは「絶対にスーツを着ない」ということ。

正確には「スーツを着たくない」だけなのですが、どんなところに行くにも、打ち合わせに行くにも、会議に行くにも、偉い人に会いに行く時も、たいして偉くない人に会う時も、スーツではなく、平凡な私服で馳せ参じます。

僕はスーツが嫌いです。

紳士服のアオキで礼服とセットで買ったスーツしか持っていません。

着るのは冠婚葬祭の時くらいです。

スーツは、なんだか堅苦しいですし、パンツはぴらぴらしているし。

特にあの「ネクタイ」という物体の存在が理解に苦しみます。

なぜ、何の役にも立たない布きれを好んで首に巻かなければならないのでしょう。

ネクタイなど、無礼講の宴会の時に頭に巻くか、犯罪者を緊急逮捕してしまったときに手錠代わりに使う、もしくは突然のプレデター的な地球外生命体に襲撃され、腕を負傷したときに止血のためにしばりつけるくらいの用途にしか使いようがありません。

人はなぜネクタイを巻くのか。

僕は不思議で仕方がありません。

僕のその性質は、育った環境の影響によるものだと考えられます。

父は工業系の職人で自営業。

いつも自宅横の工場にいて、作業服を着て仕事をしていました。

子供の頃の僕にとって、仕事をする父親とは「作業服を着て、毎日家にいる」ものでした。

故に、「スーツを着て、毎日会社に行く」ことと「仕事をする」ことが結びつかないのです。

僕は、休日にレンタルDVDを借りに行く時と同じ格好で、仕事に行き、打ち合わせにも行きます。

もしそこで相手方の担当者様に「なんだちみ、その恰好は!スーツを着たまえ、スーツを!」と言われたら、

「申し訳ありませんがお断りします」と一礼して、二度とそちらにはうかがわないでしょう。

僕が、3日洗濯していないような小汚い恰好や、パンツ一丁で現れたのなら非難されて当然ですが、

「スーツを着ていない」というどうでも良いことで、人となりを判断されたらたまったものではありません。

僕とその方はおそらく、根本的な生き方や考え方が違うでしょうから、一緒に仕事をしても上手くいかないことは明白です。

だったら、初めから出会わなかった、人生において何の接点もなかったと考えた方が、お互いにとって幸せです。

時々いらっしゃるんですよ、「打ち合わせにはスーツを着て来てください」というよく分からない要求をする方が。

自分のファッションに興味なし

僕は基本的に、自分のファッションというものに興味がありません。

着ているものの多くはユニクロかギャップ。たまにライトオン、何を間違ったのかグローバルワークが関の山です。

テレビで「おしゃれな人」として登場する方々が、本当におしゃれなのかももちろん判断できません。

「おしゃれ」に関する知識と経験が圧倒的に不足しているからです。

ただ、人から「この服どう?」と問われたら、自分の中にあるファッションに関するすべてを総動員して答えるようにしています。

一応、デザイナーという職種も兼務している訳ですから、色や美的感覚に関しては、中の中くらいは維持しているはずです。

あえてこだわるならジャージ

ファッションに興味のない僕が、唯一、好んで着るものがジャージです。

イギリスのロックバンド「ジャミロクワイ」のボーカルであるジェイ・ケイが、アディダスのジャージにアディダスのスニーカー・スーパースターを履いて、歌っているのを見て「ジャージってかっこいいじゃん!」と思ったのが目覚めのきっかけでした。

元来、僕はスポーツ少年でしたので、小学生時代には「ジャージしか着ない」という生活をしていましたので、もはやジャージは第二の皮膚といっても過言ではありません。

僕がいつでもどこでもジャージを着るようになるのに、3秒もいりませんでした。

だいたい、真夏以外はジャージを着て暮らしています。

もちろん、このブログを書いている今も。

p1190557

これから寒い冬になります。

どんなジャージを着て、皆様のお宅、オフィスにお邪魔するのか、楽しみにお待ちください。

服装はカテゴライズも出来るし、個性も表現できる

例えば、会社に所属する人が皆、同じ制服を着る事でカテゴライズすることができます。

そうすることで、「彼らはこの会社に社員ですよ」と対外的に分かりやすく示すことができますし、

社員たちの中では、「自分たちは同じ会社で働く仲間だ」という同調性を生み出すこともできると思います。

スーツを着るという行為も、「ビジネスマン」であることの表明であり、人によっては「オンとオフ」を切り替える重要なアイテムかも知れません。

それは、ブルース・ウェインが漆黒のパワードスーツに身を包む事で正義のヒーロー・バットマンになることと大差はありません。

その反面、服装によって差別化をし、個を表現することも可能です。

ジョブズやザッカーバーグは、ビジネス世界の頂点にいる大企業の経営者でありながら、「毎日同じカジュアルな同じ服を着る」という行為によって、

意図せずとも彼らの個性を強烈にアピールしています。

服装にこだわらないことで「決断の数を減らす」行為は、余計なものを排除し、自らの能力を効率よく、最大限引き出す為のある種の処世術。

マネをしようとは言いませんが、偉大な先人の技術として、参考にするべき考え方だと思います。

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン