神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

一戸建て住宅 人生と家族

富士住建が建てる「ローコスト住宅の平屋建て」はどんな家?

更新日:

スクリーンショット 2016-08-05 15.06.56

参照:富士住建ホームページ

富士住建の平屋建て住宅とは?

埼玉を中心に「完全フル装備の家」をキャッチコピーに低価格の注文住宅を販売して人気のある富士住建が発表した平屋住宅のプラン「HIRARI(ひらり)」が気になる今日この頃です。

一般的に、一戸建ての注文住宅というと「2階建て」が主流です。

やはり、これから成長していく小さい子どもを抱えている家族が多いですから、将来の子ども部屋や大きな収納など、部屋数を多くするためには、どうしても平屋では足りないという現状があります。

もちろん、土地が大きければ、2階建てより広い平屋を建てることは可能ですが、その分、お金もかかります。土地代だってかかります。

「平屋も素敵だけど、だったら無理しなくても2階建てでいいじゃない!」というのが普通の考えです。

小生もそうでした。

家を買おうと思っていた当初は、「L字型の平屋」が欲しかったのですが、今はしっかり2階建ての一軒家に住んでいます。

予定はたいてい、変わるものなのです。

平屋建て住宅のメリットとデメリット

一昔前は、総二階の一戸建てが当たり前で、わざわざ若い人が平屋を建てようという希望はほとんどなかったように思います。

しかし、時代は移り変わり昭和から平成へ。

豪華で大きいを求めてきた現代人の生活も変わり、不況が続き、収入も思うように増えない。

そんな中で台頭してきたローコスト住宅のハウスメーカーによって、一戸建て住宅の坪単価は下げられ、小生たちのような庶民でも一戸建て住宅を持つことができるようになってきました。

そうなると、人間、欲が出てきます。様々なバラエティに富んだ家、特徴のある家、理想の家を追い求めるようになり、その中に「平屋の家」も再登場するようになりました。

将来性を考えると平屋という選択肢もあり

小生の場合、なぜ平屋の家が良いかと思ったかというと、いくつか理由はあります。

コンパクトにまとまった過ごしやすい家

小生は、妻と息子の3人家族ですが、一応、もう一人くらい子どもを増やす計画はあります。となると4人で暮らせる家が欲しい。

小生の実家も四人暮らしで、2階建ての家に住んでいましたが、正直使わない部屋があったのは間違いありません。つまり、2階建てのたっぷり部屋がある間取りでなくても、家族四人暮らしていくことは可能であるということです。

ならば、平屋建てのコンパクトな家で、シンプルな暮らしをするのも悪くないなと思った次第です。

階段があると将来大変そう

もう一つの大きな理由は階段です。

小生は33歳で結婚し、35歳で父になりました。

今をときめく晩婚世代の一人だと思っています。

ということは、建てた家である程度過ごしていると、歳を取って、足腰も弱まってくる可能性があるということです。

そんな時代が来た時に、洗濯物をたっぷり持って、二階に上がるのはどうだろう?

毎晩、寝室に行く時に階段でひーこら行っていると、そのままぽっくり逝ってしまうのではないか?

そんな不吉な妄想が頭をよぎったのは事実です。

これからの老後も考えれば「階段のない家」の利便性というのを考えても良いかもしれない。

それも、平屋建て住宅を希望した大きな理由の一つです。

富士住建が建てる平屋住宅

富士住建といえば、あらゆる装備やカーテン、クーラー、太陽光、などもろもろなんでもついてきて、家が建ったらそのまま住めるくらいに充実している「完全フル装備の家」がウリのハウスメーカーです。

この平屋プランでも、もちろん、完全フル装備で完全自由設計という基本は変わりません。

ハイグレードな装備・設備はそのままに、利便性の高い平屋住宅を富士住建の施工で実現する。

それが、このプランの最大のメリットです。

富士住建が建てる平屋建て住宅の間取り例

スクリーンショット 2016-08-05 15.17.28

 

ホームページに間取り例が乗っていたので、ちょっと見てみましょう。

28.50坪で3LDK+シューズクロークという間取りです。

玄関を入ると、右側に大きめのシューズクローク。このように、玄関にちょっとした物入れがあると非常に便利です。我が家にもあります。これ、ぜったいにオススメ。

ホールからは和室とリビング両方にアクセス可能です。

和室は将来子供部屋になるのか、それとも両親との同居部屋になるのか。

LDKは23帖と広々。変則的な対面キッチンになりますが、できた料理をすぐにダイニングに持っていく、食べ終わった食器をキッチンに戻すという作業はスムーズに出来そうです。

寝室は2つありますが、すべてリビングからアクセス可能。

このように見ると、平屋建ては一戸建てというより、どちらかというとマンションに近い感じの間取りになるのですね。

無駄な廊下が少ない分、ワンフロアに様々なものが集中し、家族の距離は近づきそうです。

キッチン横にはドアがついていて、洗面所やトイレにすぐ行けるようになっています。

家事動線という観点では重要かもしれませんね。

 

★関連記事⇒富士住建の部屋干し部屋「スマートランドリー」は役に立つのか?家事動線は良くなる?

富士住建の平屋、デメリットは坪単価

このように魅力的な富士住建の平屋ですが、デメリットはやはり価格です。

通常、富士住建の2階建て住宅は坪単価37.5万円〜というかなり低い設定になっていますが、平屋の場合は52.4坪〜と割高に。

これだと「ローコスト住宅」の範囲からは、いくらか外れてしまうかも知れません。

ただ、施工面積が狭い分、総額も小さくはなると思われます。

単純に計算して、さきほどの28.5坪プランの場合、28.5×54.2=1493.4万円ということになります。

その点も考慮に入れて、平屋かそれともオーソドックスな2階建てかを検討する材料にすると良いかと思います。

富士住建を含めて、平屋住宅のプランを比較してみる

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-一戸建て住宅, 人生と家族
-,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.