神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

Moto G4 plus おすすめ商品レビュー コラム デジタル

【革命】ガラケーと格安Simスマホの2台持ちを卒業!ドコモメールをSimフリースマホで使う設定方法

投稿日:

p1040104

Simカード2枚を同時待受で使う事ができるデュアルスタンバイSimフリースマホの登場によって、ガラケーと格安Simスマホとの2台持ちから卒業できるようになり、その恩恵を受けまくっている今日このごろです。

僕が愛用しているモトローラのデュアルスタンバイSimフリースマホ「Moto G4 plus」を妻も利用することになったので、何がどうしてどうなったのかを備忘録として、そして同じようなことをやりたいと思っている二台持ちユーザーの方のために記事にしておこうと思います。

ガラケーとスマホの2台持ちからMoto G4 plusに移行するまでにやったこと

今回やったことは以下の通りです

  1. auからdocomoへのMNPによる乗り換え
  2. dアカウントの取得
  3. dアカウント利用設定によるドコモメールの利用可能設定
  4. CosmoSiaを使ったスマホでのドコモメール送受信設定

複雑なように思えますが、やってみると意外と簡単です。

ただ、ポイントポイントで、はまると抜け出せない罠がありますので、注意しましょう。

auからdocomoへのMNPによる乗り換え

まずは、auからdocomoへ乗り換えます。

Simフリースマホの多くが、docomoもしくはソフトバンクの回線であれば利用でき、方式の違うauでは利用できなくなっています。

日本版のZenfone3はauにも対応していますが、Simフリースマホを活用するのであれば、docomo回線であった方が利便性は高いでしょう。

auを使っていた妻ですが、ちょうど2016年12月のタイミングで2年縛りが終了したので「これ幸い」とdocomoに鞍替えしました。

僕は高校生の時からdocomoユーザーなので、妻がdocomoに変えることで家族割などが使えるなどメリットは大きいです。

 

auからdocomoへ乗り換えるには、auに連絡してMNP予約番号をもらいましょう。

それを持って、ドコモショップへ契約に行きます。

ドコモで端末を買わずにバリュープランに変更してきたよ

このあたりの記事を参考にさせてもらいながら、いろいろ準備をして行ったのですが、結果的には「あっさり」と契約することができました。

契約したい内容はこちら

  1. docomoタイプSSバリュープラン
  2. パケホーダイ・ダブル
  3. SPモード

docomoの機種を購入せず「バリュープラン」を契約するためには「4G通信ができず、3G通信のみしかできない他社端末」を持ち込む必要があります。

FREETELのPriori2がまさにその条件に合致するスマホであり、僕はそれを所有していたので、そいつを持参して行くことにしました。

ドコモショップで対応してくれたお姉さんに、priori2を見せて、契約したい内容を話します。

「それはできませーん」と一度は言われることを覚悟していたのですが、まったく問題なくスムーズに進んでいきます。

ただ、お姉さんの話では、「機種購入」をしないとバリュープランには加入できない(ベーシックプランになってしまう)ため、実質0円のキッズ携帯を購入したというカタチにしてくださいと言われました。

キッズ携帯はもらえますが、もちろん無料です。

なんだか得した気分です。

こうして、aiからdocomoへの移行とバリュープランでの新規契約というミッションはクリアできました。

dアカウントの取得

さて、自宅に帰ってきました。

携帯電話の設定をします。

まずは、docomoのホームページに行って、My docomoでdアカウントを取得しましょう。

これが全ての始まりです。

 

dアカウントを取得することで、様々なdocomo携帯に関する設定をブラウザで行うことができます。

ドコモメールのアドレス変更などもここで可能。

dアカウントが取得できれば、ここでやることは他にありません。

dアカウント利用設定によるドコモメールの利用可能設定

ここからが本番です。

デュアルスタンバイスマホであるMoto G4 PlusもちろんZenfone3でもそうですが、

そういった機種で「データ通信は格安Sim」で「通話はdocomo、キャリアメール付き」を実現するためには「iモード・SPモードメールからdocomoメールへの移行」が必要不可欠です。

docomoメールにすることで、docomo製の携帯電話でなくてもキャリアメールを利用することができます。

設定に必要なのは

  1. dアカウント
  2. SPモードメールのパスワード
  3. 設定に使う端末

です。

ドコモメールを使えるようにするには、docomoのSimカードでMy docomoにアクセスする必要があるので、そのための端末が必要です。

かつてはdocomo製のスマホなどでしか利用できなかったのですが、SPモードの規約が変更になり、Simフリースマートフォンでもこの設定ができるようになりました。

僕は、docomoの契約にも使ったPriori2を利用して、設定を行いました。

参考にしたのは、以下の記事です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-23-23-57
上記の画像を見ればやり方はわかります。
【1】【2】の時点ではWi-Fiで大丈夫です。
ブラウザでMy docomoにアクセスしましょう。
事前に作業をする端末でSPモードに接続できるよう設定をしておきましょう。
詳しくはこちら。
【3】のところがポイントです。
この時点でWi-Fiを切って、3G回線(docomoの通話用Simカード)で接続するようにしましょう。そうしないと、SPモードの認証画面になりません。
パケット代がかかりますので、余計な動作はしないように。

【4】のところでSPモードパスワードを求められます。

おそらく最初は0000に設定してあると思いますが、それはdアカウントの中であらかじめ任意の文字列に変更しておきましょう。

おそらく0000だと、「パスワードの変更」をススメられ、時間とパケット代を喰うことになります。

【5】移行の作業を行って、「dアカウント利用設定」を行います。

これが終われば作業は終了。

docomoメールがスマホやPCで利用できるようになります。

この作業で使ったパケット代は1200円程度でした。

CosmoSiaを使ったスマホでのドコモメール送受信設定

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-23-51-55

最後に、利用するデュアルスタンバイスマホで、docomoメールの送受信ができるようにします。

僕の「Moto G4 plus」には、IIJmioの格安Sim(データ用)とdocomoの音声通話Sim(電話用)の2枚が入っており、同時待ち受けすることが可能になっています。

妻の「Moto G4 plus」も同じようにするべく、Cosmosiaというメールアプリをインストールします。

docomoメールの設定が簡単だし、動作も軽いのでこれを愛用しています。

dアカウントのパス等を入力すれば、それで連携は完了。

スマホでキャリアメールを送受信することができるようになります。

2台持ちよりはるかに便利なデュアルスタンバイスマホ

p1040069

これまではガラケーと格安Simスマホの2台持ちこそ最強だと思っていましたが、「Moto G4 plus」を使って考えを改めました。

こりゃあ便利だと。

そういう訳で、妻にも同じ環境を整えてみたのですが、ご満悦の様子で何よりです。

ガラケーユーザーがSimフリースマホを使う場合「キャリアメールをどうするか」というのが一つの大きな問題なのですが、上記の方法を使うことで、

  1. 格安Simによる安価なデータ通信
  2. docomoのバリュープランによる固定費の安い通話環境
  3. これまで通りのdocomoキャリアメール使用

という3秒師そろった格安スマホを運用することができます。

デュアルスタンバイスマホを購入するコストはかかりますが、iPhoneなんかよりよっぽど安いです。

 

現在、日本でデュアルスタンバイスマホを活用するとすれば、実質的に上記の2機種のうちのどちらかを選ぶことになると思います。

FREETELやgooなどが新規参入していますので、新しい機種の登場も楽しみです。

ちなみに、僕と妻は「Moto G4 plus」を、そして父はZenfone3を使っています。

父がZenfone3を選んだのは「街歩き用ナビ」としての機能を重視したからです。(Moto G4 plusは電子コンパスがないので、徒歩ではまともにナビが使えません)

 

  • スマホを安く運用したい
  • docomoの機種ではなくSimフリー機種を使いたいが、docomoのキャリアメールは捨てられない
  • 2台持ちしているが、それを1台にまとめたい

という人にとっては、このデュアルスタンバイスマホは救世主と行っても良いデバイスでしょう。

多少の設定作業は必要ですが、何も難しくはありません。

勇気を持って踏み出せば、バラ色+リーズナブルなスマホ生活が待っています。

がんばってください。

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-Moto G4 plus, おすすめ商品レビュー, コラム, デジタル
-, , , ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.