神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

コンテンツ 人生と家族 育児

男の子赤ちゃんのオムツ替えアイテム、おしっこキャップを自作!

更新日:

男の子 おむつ替え おしっこキャップ

新生児とそのパパママにとって、おむつ替えは日常で最も頻繁に行う作業の一つだろう。

生まれたての赤ちゃんは、毎日15、6回のおむつ替えは当たり前だと言う。

考えただけでも大変である。

しかも男の子の場合、おむつ替えの最中に「ぴゅー」と勢い良くおしっこをひっかけられてしまうという事件が少なくない確率で起きるという。

それはもう難儀である。

「ぜんぜん汚いだなんて思わないのよー」とむしろ「ディズニーランドの夏イベントで水をかけられた」のと同じくらいに楽しんでいらっしゃるママパパもいるようだが、なるべくなら引っ掛けられない方が洗濯物も少なくてうれしいというものだ。

そこで必須となるアイテムがこの「おしっこキャップ」である。

男子赤ちゃんの必需品おしっこキャップ

スナフキンのぼうしみたいな形をしているこいつを赤ちゃんのおむつ替えの時に、お◯ん◯んにかぶせておいて、放水による被害を未然に防ごうという物である。これを考えた人は実に勇気がある。

しかしこのおしっこキャップ、買うと意外と高い。

ならば作ってしまおうということで、こうなった。

男の子 おむつ替え おしっこキャップ

手芸屋さんで買って来たかわいい柄の生地と、タンスの奥にしまってあったもらいもののちょっと質の良いタオルをそれぞれ半円形にカットし、ミシンでダダダと縫い合わせあもの。

意外と簡単に出来て、材料費もかからないお手軽アイテムだ。

男の子 おむつ替え おしっこキャップ

テーブルの上に並べておくと小人の家のようで可愛いが、あくまでかぶせるのは我が子のお◯ん◯んである。

ちなみに、このおしっこキャップ、さも小生自身が手作りしているように書いているが、作ったのは最初から最後までわが家の細君である。

お疲れさまでした。

後で肩をおモミします。

【追記】生後6日。未だキャップは使えずだが、一度やられる!

先日誕生した我が子は、まだ小さいのでおしっこキャップは使えない様子。

しかし、先日おむつ替え中に、一度おしっこをぴゅうとひっかけられた。

別に汚いとも思わないし、むしろうれしい!

これが親バカなのか、それともバカ親なのか。

 

 

アドセンス大

アドセンス大

アドセンス関連記事

アマゾン



-コンテンツ, 人生と家族, 育児
-, , ,

Copyright© 神紅堂書店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.