神紅堂書店

人生をちょっと楽しくする無秩序コラムブログ

「本と映像」 一覧

マンガ「旦那さんはアスペルガー」で夫の発達障害を考える。カサンドラ症候群にならないためにも

5月25日のNHK「あさイチ」のメインテーマは「夫の発達障害」と題してアスペルガー症候群やADHDなどと呼ばれる「発達障害」によって、「夫婦や家族の意思疎通、生活がうまくいかない」、「人付き合いや職場 ...

マンホール 下巻

日本でバイオテロが発生!漫画「マンホール」<下巻>ネタバレ18〜20話

マンホール<下巻>第18話「偶然」 封鎖地域では、戸川の指揮の元、蚊の制圧作戦が実行されようとしていた。 作戦の概要はこうだ。 まず封鎖線上の6カ所に設置されたスピーカーから蚊の嫌がる周波数の音を流し ...

マンホール 下巻

恐怖!蚊に刺されすぎた女!漫画「マンホール」<下巻>ネタバレ15〜17話

マンホール<下巻>第15話「脱落」第16話「竹豊町の悪夢」 関口美香の住むアパート・グリーンハイツ大野の向かいにある一軒家・岡本家の二階に笹原署刑事の井上が向かうと、そこにはフィラリアに感染した少年が ...

漫画マンホール上巻

フィラリアを媒介するヤブ蚊が大量発生!筒井哲也の漫画「マンホール」<上巻>ネタバレ13〜14話 現場で起こった「最悪の事態」とは?

→マンホール<上>10〜12話のレビューはこちら マンホール<上>第13話「黒い霧」 禁煙に失敗した溝口のところに滝田がやってきた。そして、田村がマンホールから這い出て最初に目撃された場所が、依然自分 ...

漫画マンホール上巻

「2番目の男」登場で新たな事実が判明!筒井哲也の漫画「マンホール」<上巻>ネタバレ10〜12話 浮かび上がる犯罪の裏に潜む闇

→マンホール<上>7〜9話のレビューはこちら マンホール<上>第10話「遭遇」 井上に施設に踏み込まれ、逃げるようにマンホールの中をさまよっていた全裸の男が地上に這いだしたのは、堀川の死亡から2日経過 ...

漫画マンホール上巻

始まった寄生虫感染の連鎖!筒井哲也の漫画「マンホール」<上巻>ネタバレ7〜9話 狂気の写真家・水野が夢見る欲望なき世界

→マンホール<上>4〜6話のレビューはこちら マンホール<上>第7話「写真家の男」 マンホールからはいあがった井上は、ボツワナ紀行と題された本を回収していた。マンホール内部の調査は、溝口が読んだ保健所 ...

漫画マンホール上巻

片目に巣食う新種の寄生虫!筒井哲也の漫画「マンホール」<上巻>ネタバレ4〜6話 フィラリアが欲にまみれた人間の脳を喰らう。

→マンホール<上>1〜3話のレビューはこちら マンホール<上> 第4話「感染」 死体検案室では、溝口がフィラリアに関する説明を受けていた。 堀川義人の右目に入っていたフィラリアは全部で4匹。 日本では ...

漫画マンホール上巻

戦慄のバイオホラー!筒井哲也の漫画「マンホール」<上巻>ネタバレ1〜3話 映画化された「予告犯」作者による現代に巣食う恐怖 

漫画「マンホール」は、2015年6月に映画が公開される「予告犯」の作者である筒井哲也氏によるバイオホラーサスペンスである。 今回は、全面改稿リニューアルされたマンホール 新装版 上 (ヤングジャンプコ ...

マンガ ミュージアム

マンガ「ミュージアム」ファンに観て欲しい霧島早苗を理解するための「怖い犯罪者映画」5本

サイコサスペンス漫画の傑作「ミュージアム」 本ブログ「神紅堂書店」の人気コンテンツである巴亮介氏によるマンガ「ミュージアム」のレビューシリーズの3コンテンツ 【完結】マンガ「ミュージアム」3巻感想・ネ ...

相棒13

「相棒シーズン13」感想・ネタバレ 最終回『ダークナイト』 相棒・甲斐享逮捕の衝撃!俺達の「相棒」は終わってしまうのか?

【参照:相棒13ホームページ】 相棒シーズン13の最終回「ダークナイト」は、3年間、右京の相棒を務めた甲斐享の卒業ということで注目を集めた。 結果としては、相棒史上初の「相棒の逮捕」という衝撃的な幕切 ...

僕だけがいない街

漫画「僕だけがいない街」感想・ネタバレ【1〜8巻】時空を超えた青年は、忘れられた連続誘拐殺人事件に挑む

【参照:角川書店ホームページ】 三部けい氏による「僕だけがいない街」はヤングエース(KADOKAWA)に連載中のミステリーマンガである。 「このマンガがすごい!」においてオトコ編第15位、「マンガ大賞 ...

小説「対岸の彼女」角田光代 感想・ネタバレ・レビュー ある女性の人生から学ぶ「信じること」の強さ

『対岸の彼女』は第132回直木賞を受賞した角田光代の長編小説である。 物語は、異なる時代に生きる2組の女性を交互に描く。   過去と現在の葵に変化をもたらしたもの 東京で孤独な専業主婦生活を ...

マンガ ハイドアウト

マンガ「HIDEOUT(ハイドアウト)」感想・ネタバレ。恐怖の「洞窟サイコホラー」

本書は、柿崎正澄氏が2010年に小学館ビッグコミックスピリッツ史上で連載した短編マンガである。 単行本1巻の短編ではあるが、中身は相当に濃い。もうドロドロのグニグニだ。 舞台は1989年、南海の孤島。 ...

【完結】マンガ「ミュージアム」3巻感想・ネタバレ 沢村VSカエル男最終章!最後に生き残ったのは誰?噂のラストシーン真意は?

沢村VS狂気のカエル男・霧島。最後の闘い 監禁されていた部屋のロックを外すキーとなるパスワードを見つけるため、カエル男=霧島早苗に与えられたパズルを解いていた沢村は、その中に「EAT」という文字が隠さ ...

マンガ「ミュージアム」2巻感想・ネタバレ 待ち受けるカエル男の罠!捕われた沢村の運命はいかに?

マンガ「ミュージアム」戦慄の第2巻分析レビュー 1巻で、連続殺人鬼・カエル男に同僚の西野を殺された沢村は、茫然自失のまま仲間に事情を説明する。 西野に捜査資料を持ち出させた事を非難される沢村。彼自身も ...

マンガ「ミュージアム」1巻 感想・ネタバレ 猟奇的なカエル男の連続殺人を追え!

巻数の少ないマンガには名作が多い。 これは小生の持論である。   ついに実写映画化された名作「寄生獣」しかり、暗黒青春マンガの傑作「ヒミズ」しかり、浅野いにおの出世作「ソラニン」しかり、オノ ...

Copyright© 神紅堂書店 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.