人気コーヒーメーカー美味しい順ランキングベスト5【2015】

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s

コーヒーメーカーの人気ランキングベスト5を発表。サードウェーブコーヒーの出現によってさらに活況となっている日本コーヒー界ですが、低価格で高品質・高機能なコーヒーメーカーなども各メーカーから出そろい「おうちでコーヒー」もさらに美味しく、熱くなっている模様です。

スポンサーリンク
アドセンス大

おすすめコーヒーメーカーベスト5

今回は、現在市販されているコーヒーメーカーの中から、おすすめの品を5点ピックアップしてご紹介。

その前に、コーヒーの基礎知識を簡単に。

コーヒーの味を決める要素

コーヒーの美味しさ、味を決める要素はシンプルにまとめると3つ。

  1. コーヒー豆自体の美味しさ
  2. 焙煎方法と精度
  3. コーヒーの淹れ方

となります。

つまり、「おいしいコーヒー豆」のポテンシャルを活かして美味しいコーヒーを飲むには、

美味しく抽出する方法が重要になるということ。

その意味で、コーヒーメーカー選びは重要になるということになります。

第1位・メリタ「ステップスMKM-533・ES SKG56」

Melitta コーヒーメーカー 【2-5杯】Melitta ステップス ブラック MKM-533/B

第1位に輝いたのは、Melitta ステップス MKM-533

メリタ コーヒーメーカー ES (エズ) SKG56Tは、その後継機となる新モデルです。

安価ながら、豆本来の旨味を素直に引き出してくれるシンプルさと能力の高さが自慢の逸品。

香りが良く、豆の良さをそのまま抽出。

基本がしっかりとしたベーシックなコーヒーを安心して楽しめます。

構造もシンプルで使いやすく、置く場所を選ばないデザインもバツグン。

コーヒーを淹れる為に必要な要素を、バランス良くしっかりと入れこんだ、最高のエントリーモデルと言えるでしょう。

起き抜けのモーニングコーヒー、3時のティータイムはもちろん、

食後のデザートと一緒に合わせてもマイルドな味わいでしっかりとコーヒーの存在感を感じられます。

小生も実際に愛用しています⇒安くて美味しいメリタのコーヒーメーカー ES (エズ) が絶対的にオススメです。

安い、おいしいコーヒーメーカー ES (エズ) が絶対的におすすめです。
最近は、その健康効果にも注目され、コンビニでも熾烈な争いが行われているコーヒーですが、やっぱりお家で美味しいコーヒーが飲めるのは最高です。我が家で使っているコーヒーメーカー「メリタのES(エズ...

第2位・パナソニック「浄水コーヒーメーカー NC-S35P」

Panasonic コーヒーメーカー ブラック NC-S35P-K

Panasonic コーヒーメーカー NC-S35Pは、苦みと酸味をバランス良く抽出し、豆の味をしっかりと感じさせる仕上がりを実現。

少々、高めの価格設定ですが、それをあまりある美味しさで、コーヒー好きをも納得させる仕事ぶりです。

プロペラ式のミルがついていますが、あまり使い勝手が良いとは言えないので、豆を挽くのは別のミルで行ったほうが良さそうです。

タンク横には、味の濃さを調整できるボタンがついていて、好みによって味を簡単に変えられます。

第3位・ハリオ「V60珈琲王コーヒーメーカー EVCM-5TB」

ハリオ V60珈琲王コーヒーメーカー 透明ブラック EVCM-5TB

ハリオ V60珈琲王コーヒーメーカー  EVCM-5TBは、ドリッパーが本体と一体になっておらず、ハンドドリップ方式と同じ様に外に独立している珍しいタイプ。

ハリオ独自のらせん溝によって、効率よくお湯が粉に注ぎ込まれるよう工夫されています。

すっきりとしてて、ハンドドリップに似た軽やかな口当たりのコーヒーが特徴的。

淹れる杯数に応じて抽出時間などを変更することができる点はメリットですが、他の機種より多少音が大きいのが難点といえば難点。

ブラックで飲みたい人には最適のコーヒーメーカー。

第4位・サーモス「ホットコーヒーメーカー ECH-1000」

THERMOS 真空断熱ポット コーヒーメーカー 【タイマーで前日予約が可能】 ECH-1000 CS

THERMOS 真空断熱ポット コーヒーメーカー ECH-1000 CSは、高機能な魔法瓶のメーカーとして知られるサーモスブランドの製品だけあって、保温性は抜群。

コーヒーにミルクや砂糖を入れて飲む場合、コーヒー「淹れたて」時の温度は80℃が最も適していると言われています、 ECH-1000 CSは、その理想値に近い高めの温度で淹れることができるという点が大きなポイントです。

一般的にコーヒーは65℃以上になると苦みが強くなるので、80℃近い温度だと、苦みの出た、重めの仕上がりになります。

保温性抜群のポットに入っているので、美味しさを保ったまま保存しておくことが可能。

また、タイマー付きのため、夜セットしておいて、朝起きたらすぐに淹れたてのコーヒーを飲むなんていう芸当もできてしまいます。

第5位・デロンギ「ドリップコーヒーメーカー CMB6」

DeLonghi kMix(ケーミックス) ドリップコーヒーメーカー レッド 【6杯用】 CMB6-RD

DeLonghi  ドリップコーヒーメーカー CMB6は、とにかくおしゃれなイタリアンデザインが「所有欲」をそそります。キッチンやリビングのインテリアとしても秀逸。

ペーパーレスフィルターの特徴は、豆から出て来る油分を感じさせるとろみ感のある濃厚な味わい。

もっとすっきりとしたクリアな味を求める場合は、ペーパーフィルタを併用すると良いそうです。

コーヒーの美味しさは人それぞれ。自分の好みにあったコーヒーメーカーを

コーヒーメーカーの仕組みや抽出方法、ドリッパーの形状などによって、出来上がるコーヒーの味は大きく変わります。

自分の好みの味こそ「本当に美味しいコーヒー」であるはず。

それぞれのコーヒーメーカーの特徴を比較して、自分の好みにあったコーヒーを入れられるコーヒーメーカーを選びましょう。

参考にしたコーヒー本

神紅堂書店はコーヒーが割と好きです!

Facebook・Twitterで更新情報発信中です!


アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン