【いつみても波瀾万丈】片岡愛之助が箱買いする「やみつきしみかりせん」が気になるが品薄で食べられそうにない件

2015-08-02 22_50_34-やみつきしみかりせん 濡れせんべいの味わい、カリカリ食感のおせんべい

【参照】さがえ屋ホームページ

8月2日放送の「いつみても波瀾万丈」で片岡愛之助氏がハマりすぎて「箱買い」しているというおせんべい「やみつきしみかりせん」が気になるので調べてみた。

スポンサーリンク
アドセンス大

濡れせんべいの一歩上をいく煎餅を作りたい、から生まれた究極のせんべい

公式ホームページによると、せんべい職人さんの「ぬれ煎餅の上をいく煎餅を作りたい」という想いがカタチになったのが、こちらの「やみつきしみかりせん」とのこと。

ぬれ煎餅の深い味わいを持ちながら、今までにない歯ごたえをの新食感煎餅だそうだ。

そこまで言われると食べたくなる。

2015-08-02 22_51_10-やみつきしみかりせん 濡れせんべいの味わい、カリカリ食感のおせんべい

カリカリっとした煎餅本来の食感と甘じょっぱいタレがくせになる美味しさだとか。

焼きたての大きな煎餅をあえて手で割り、特性の本醸造特級醤油で作った「さがえ屋独自のしみせんだれ」をその隙間や割口にたっぷりと染み込ませてあるのが特徴。

その工程のあと、ゆっくり3日ほどかけて乾燥させることで醤油の風味が活きた、カリカリのお煎餅に仕上がるのだという。

愛之助氏がテレビで言いすぎて品薄状態に

おそらく片岡愛之助氏がテレビに出るたび「うまいうまい」と言っているからだろう。

唯一の公式ショップは現在、品薄状態で、なかなか買って食べられる状況ではないようだ。

2015-08-02 22_59_21-やみつきしみかりせん 濡れせんべいの味わい、カリカリ食感のおせんべい

ちなみに楽天市場で今一番人気のランキング1位煎餅はこちら。

甘エビをそのまま一尾、プレスして煎餅にした贅沢な逸品。

江ノ島で食べられるタコ煎餅のエビバージョンといった趣?

これもまたうまそうだ。

Facebook・Twitterで更新情報発信中です!


アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン