【Simフリースマホ】無料=0円で使えるSimカード So-netの「0sim」を申し込んで、使ってみた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-16-42-30

【参照】nuromobileホームページ

ひょんなことから、無料で使えるSimカード、名付けて「0sim」なるものがあることを知りました。

情報の伝達が遅くて困りますが、何とか乗り遅れずについていっていると自分では思っています。

スポンサーリンク
アドセンス大

So-net(nuromobile)の0simとは?

simとは、言わずと知れた通信用のカードチップです。

このSimカードを携帯電話やsimフリースマートフォンに挿入すれば、電話やデータ通信ができるという代物。

当然、利用するにはお金がかかる訳ですが、0simはその通信費用が「0円である」というある意味ふざけた商品です。

「そんなわけねえだろ!」と起こる前に、説明させてください。

0simは、データ通信や音声通信などに対応した、いわゆる「普通のsimカード」です。

他のカードと異なるところは、データ専用プランの場合、

月間通信料500MB未満は無料!であるということです。

つまり、月の使用データ量が500MBいないであれば、お金は必要なく、スマホなどを運用できるということです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-16-49-41

500MBを越えると、そのデータ量に応じて料金が加算されますが、それでも最大1600円とかなりリーズナブルな価格設定になっています。

0simを僕はこうやって使っている

P1190124

僕は、通話とキャリアメールを利用する「docomoのガラケー」とデータ通信用の「simフリースマホ」の2台持ちで日々を生き抜いています。

料金の総額は、合わせて2000〜3000円程度。

使い勝手も良く、非常に満足しています。

Simフリー端末の方には、IIJmioのデータ専用プランを契約したSimカードが入っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-16-54-38

3GBの容量で月額900円。

毎月クーポンももらえるので、利用可能データ量はさらに多いと思われます。

僕のスマホ利用用途は、Web検索、メール、たまにテザリングくらいなので、容量としてはまったくもって問題なし。

観ようと思えば動画だって観られますし、まったく不自由を感じません。

p1040024

0simを利用したかったのはこの端末。

docomoの白ロム「L-06D」という機種で、正方形に近い大きめのディスプレイが特徴的ないわゆる「ファブレット」といわゆるタイプの異色スマホです。

メインで使っているスマホはFREETELのPriori2という機種ですが(下記はpriori3)、

こちらはsimフリーらしく「テザリング」ができる点が非常に便利なのです。

残念ながらdocomoのスマホに、格安Simという呼ばれるタイプのカードを入れても、標準的なテザリングは利用できません。

そのため、L-06Dは泣く泣くお蔵入りとなっていたのですが、実際は、ワンセグが見られたり、画面がとても大きかったり、画面にタッチペンで書き込みが出来たりと非常に便利な面があるので、サブ機として使いたいと思っていました。

0simは「0のつく日」にしか申し込めない!

この0simですが、いつでも申し込めるという訳ではありません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-10-23-27

このように、毎月0のつく日である3日間しか申し込めないようになっています。

人気があり申込みが殺到したための措置なのか、それとも縮小・消滅への序曲なのか?

気になるのは最後の記述。

2016年12月以降のお申込みに関しては現在調整中…とあります。

つまり、12月以降は毎日申し込めるようになるかも知れないし、

まったく申し込めなくなるという可能性も無きにしもあらずです。

という訳で、僕も急いで申し込んだ訳です。

良いか悪いかは、やはり自分の目で確かめてみないとわかりませんからね。

0simの申し込みは、公式ページの「サービスに申し込む」ボタンから必要事項を記入するだけ。

クレジットカードがあれば、10分で終わります。

0simを設定してみよう

p1040021

ヤマト便で届いた0simです。

10月30日に申し込んで、翌日には届いていました。

早すぎです。

p1040022

こちら0sim。

3つのサイズから選べますが、僕はマイクロsimにしました。

p1040023

入っているのは、simカードと簡単な説明書のみです。

設定方法などが書いてありますのでなくさないように。

p1040024

こちらL-06Dに0simを入れて運用してみます。

p1040025

「設定」の中からアクセスポイントの編集を行います。

このあたりは機種によって違うので、お持ちの機種のメニューに従って下さい。

p1040026

ユーザー名やパスワードなどは、説明書に記載してありますので、それらを入力し、完成したらそのアクセスポイントを選んで完了。

以前はiijmioを使っていましたが、今回はso-netの0simです。

p1040027

一応、スマホのデータ通信制限を無料利用の上限である500MBに設定しておきます。

一ヶ月使えば、一月に自分がどのくらいのデータ量を使うのかがある程度把握できると思います。

その値が500MBを下回っていれば、毎月の無料Simフリースマホライフが保証されるという訳ですね。

いやー、便利な世の中だ。

0simのポイント①docomo端末、simフリースマホならそのまま使用OK

0simは他のMVNO同様、docomo系ですので、docomoのスマホ端末やsimフリースマホであれば、そのままSimカードを挿せば使えます。

auやソフトバンクの端末はシムロックの解除が必要ですのでお気をつけください。

なお、前述の通り、docomoの端末などではテザリングは出来ません。

ここが解決できると最高なのですが…

0simのポイント②速度、安定感など使用感は良好

気になる0simの使用感ですが、今のところ良好です。

速度などは使用する機種によっても変わりますので一概にはどうこう言えませんが、L-06Dで運用する限り、通信速度、安定度ともにIIJmioのSimカードを使っていた頃と遜色はありません。

0simのポイント③3ヶ月放置で自動解約されるので注意

0simは、メインというよりサブ的に利用するのに適したSimカードですが、

とりあえず契約しておいて放置していると3ヶ月で自動解約されてしまいます。

1ヶ月に1度でもデータ通信していれば問題ないので、しっかりと運用してあげましょう。

今一番気になる激安Simカード「ロケットモバイル」

0simを使い始めて間もないのに他のサービスだなんて!と怒られるかも知れませんが、

このロケットモバイルという新規サービスもちょっと注目です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-10-41-20参照:ロケットモバイル

群雄割拠のモバイル通信業界に新規参入してきただけに、売りはやはり「業界最安値クラス」というお得感のようです。

どんなところがオススメポイントかというと

自ら「神プラン」と名乗っているのが通信速度200kbpsのデータ通信専用プランが月額298円で利用できるというもの。

DMMモバイルの440円プランより更に安いという超激安価格です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-10-43-49

いろいろと調べた結果では、

  • 動画の視聴は難しい
  • 混雑時間帯には通信速度が遅くなる

などのデメリットがありそうですが、0sim同様、サブ機の激安simとしては使い勝手は良さそうです。

この神プランは、いろいろな人が、いろいろと試しているようなので、意外に便利な使い方「神使い方」が存在するのかも知れません。

所詮298円ですから、いろいろ試して遊んでみるのにも良さそうです。

ポケモンGo専用simにしているという強者もいるとかいないとか?

★神プランの詳細はこちらから⇒ロケットモバイル公式ホームページ

アドセンス関連記事
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試しにフォローしてみる!

アマゾン